米Google、消化金額に応じてAdWords API 使用料金を無料に - Preferred AdWords API pricing

Google、"Preferred AdWords API pricing" を発表。AdWords API利用料金が無料に。


公開日時:2010年04月27日 06:39

米Googleは2010年4月26日、SEMエージェンシーやデベロッパー向けの新しいAdWords API料金体系 "Preferred AdWords API pricing"を発表した。

Preferred AdWords API pricing は、運用管理するクライアントのAdWords消化金額に応じて、一定量のAdWords API使用量を無料で提供するもの。AdWords消化金額 1ドルにつき、API使用量250が無料となる。

Preferred AdWords API pricingの適用を受けるためには、 (1) Google AdWords Certified Partnerであること、(2) AdWords APIを利用してクライアントのアカウントを管理していること、(3) AdWords API利用規約を遵守していること、という基準を満たす必要がある。

AdWords APIは、リスティング広告の自動入札管理ツールに用いられ、大規模なAdWordsキャンペーンの効率的かつ効果的な運用を可能にする。Googleは同サービスの提供により、エージェンシーがコスト負担を軽減しつつ、運用ツールの機能を拡張して、包括的なキャンペーン運用を行えることを支援していきたいとしている。

A new approach to how we work with advertising agencies [Inside AdWords]
http://adwords.blogspot.com/2010/04/new-approach-to-how-we-work-with.html

AdWords API pricing の条件
http://www.google.com/adwords/api/preferredpricing/requirements.html





記事カテゴリ:サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。