(インド)Google、Yahoo!、MS、胎児性別診断の検索広告をブロック

インドで胎児の性別検査に関する検索連動型広告を検索各社が遮断。


公開日時:2010年04月28日 22:58

The Financial Expressによると、Google India、Yahoo! India、Microsoftの3社は、インド国内のユーザが、出産前の性別判定検査(胎児性別診断)に関する検索広告にアクセスできないようにする措置を行った。

インドでは出産前の胎児の性別を診断することは1996年以降、法律で禁止されており、関連する広告も違法。「胎児の性別診断に関するいかなる検索広告も表示してはならない」というインド情報技術局の要請を受けて検索各社が対応した。

Yahoo! IndiaとMicrosoftは現在、検索結果に胎児性別診断に関する広告リンクを掲載していない。

Googleは広告が掲載されないよう措置をしているものの、掲載されてしまう場合もあることを認めている。このため、広告主が同広告のターゲットをインドに設定した場合、ユーザのIPアドレスがインド国内と判定した場合にアクセスをブロックするほか、特定のキーワードで検索した時に広告が非表示になるための技術を開発したという。この結果、 sex determination, determination of sex and gender などのキーワードで検索しても広告が掲載されないようになっている。

インドでは男尊女卑観念が残っており、新生児の男女比率もいびつになっている。

Google, Yahoo!, MSN block pre-natal sex determination ads
http://www.financialexpress.com/news/Google--Yahoo---MSN-block-pre-natal-sex-determination-ads/612101/





記事カテゴリ:サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。