Kenshoo、中国・百度のリスティング広告に対応、中国市場に本格進出

イスラエルのKenshoo、SEM管理プラットフォーム・KENSHOO Searchから中国・百度の検索広告の運用管理が可能に。同国旅行最大手のCtripが導入済み。


公開日時:2010年05月21日 10:03

イスラエルのKenshoo(ケンショー)は2010年5月12日、同社の検索広告管理プラットフォーム・KENSHOO Searchが中国最大手の検索エンジン・百度(Baidu)に対応したことを発表した。同社のKenshooプラットフォーム上から百度の広告を効率的に運用・管理することが可能になる。

KENSHOO Searchはスポンサードサーチやアドワーズ広告を効率的・効果的に運用管理することを支援する統合プラットフォーム。日々の検索広告の運用を支援することを主として設計されており、予算内での成果最大化のためのポートフォリオによる自動入札設定だけでなく、キーワード選定や広告クリエイティブの作成を支援する機能、サイト内を自動的に巡回して自動的にキーワード・広告文、ランディングURLを作成する機能、コンバージョンパス全体を分析して、成果をアシストしたキーワードを明らかにする機能などを搭載。機械が得意とするプロセスはKENSHOOの独自技術で自動化する一方、人の経験や知見を生かせるプロセスではその意志決定や作業を支援するための環境を提供する。日本ではアイレップがKENSHOO Searchを販売している。

中国の検索エンジン市場は、iResearchの調べによるとシェアの約70%、ユーザ数で約3億人が百度を利用している。一方でインターネットの普及率は約23%と今後も大きな成長が見込めており、欧米の企業も中国への進出を加速させている。Kenshooは世界最大の市場に向けて、まず百度の検索広告を自社のプラットフォームから運用管理を行う技術を開発した。

すでに中国最大の旅行サイト・CtripがKENSHOO Searchを採用して百度とGoogle AdWordsの広告運用を行っている。同社はKENSHOO Search導入により、キャンペーン管理作業を簡素化するとともに、ホテルの空き部屋在庫情報と連動してリアルタイムに広告出稿を行うことが可能になったという。CtripのGordon Choi氏は、KENSHOO Searchによるキャンペーン管理の自動化により人件費の削減ができたほか、空き室があるホテルのみの広告出稿が可能になったことで検索広告のコスト削減にもつながったと説明している。

Kenshoo Expands Into Chinese Market with Baidu Platform Integration
http://www.kenshoo.com/Baidu_Integration_Ctrip/





記事カテゴリ:サーチニュース 2010, リスティング広告
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。