米MS、Bing Webmaster Tools新版を発表、SMXでプレビューを紹介

マイクロソフト、検索エンジン・Bingのサイト管理者向けツール「Bing Webmaster Tools」最新バージョンのプレビュー公開。SMX Advanced にて。


公開日時:2010年06月11日 10:20

米Microsoftは2010年6月9日、米国・シアトルで開催されたSMX Advancedにおいて、開発中の次期Bing Webmaster Toolsの紹介を行った。

Bing Webmaster Toolsは、検索エンジン・Bingにおけるサイトの掲載状況を確認できるサイト管理者向けの無料ツール。2008年8月に公開された。サイトのバックリンク(被リンク)やアウトバウンドリンク(外部サイトへの発リンク)一覧、クロールエラーの情報を参照することができる。2010年6月時点で日本語UIは用意されていないが、日本語サイトも利用することができる。

新しい Bing Webmaster Toolsは、ウェブマスターに関心が高い「クロール」「インデックス」「トラフィック」の3分野を特に強化。同時にSilverlightを用いたUIを開発することで、過去6ヶ月に遡ってこれら指標のデータを視覚的に把握・解析できるようにした。

また、サイト上のページ個別のクロールやキャッシュ取得、検索結果非表示など、総合的なサイト管理機能が強化された。新機能の「Index Explorer」は、ツリービューで階層的にサイトのインデックスおよびクロール情報を一覧可能にした。この画面からは、URL毎に個別にブロック、キャッシュの拒否、再クロール申請などのコントロールを可能とした。「Submit URL」(URLを登録する)も追加され、Webmaster Toolsを通じてURL登録を申請すると、msnbot のクロールをリクエストできる。

An SMX Sneak-Peek At The New Bing Webmaster Tools [Bing Community]
http://www.bing.com/community/blogs/webmaster/archive/2010/06/09/an-smx-sneak-peek-at-the-new-bing-webmaster-tools.aspx





記事カテゴリ:サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。