Google、1時間ごとに背景写真が変わるキャンペーンを中止

グーグル、背景画像をカスタマイズできる機能をアピールするための24時間限定企画を開始するも、ユーザからの多数の苦情を受けて中止。


公開日時:2010年06月11日 18:32

米Googleは2010年6月9日、Googleトップページ(google.co.jp、google.com)の背景写真を好きなものに変更できることをアピールするキャンペーンを開始した。しかしユーザの苦情を受けて中止を発表した。

同社は先週(6月2日)、検索トップの背景写真を自由に変更してパーソナライズできる機能を発表した。写真共有サイト・Picasaにアップロードした写真や、パブリックギャラリーから好きな写真を選ぶことができる。日本でも今週から同機能がリリースされた。

本機能をより多くのユーザに告知するために、著名なアーティストとコラボレーションした背景を表示して、1時間ごとに画像を変更していくキャンペーンを開始した。しかし、突然背景画像が変わったことで、一時的な(24時間限定の)ものではなく、恒久的に変わったものと勘違いされ、海外のフォーラムなどで多数の苦情が寄せられることになった。Googleによると、本来はこの画像を切り替えるはずのリンクを用意していたがバグにより機能しなかったという。このため即座に企画を取りやめることになった。

11日現在、Googleのトップページは通常の白背景に戻っている。

The art of a homepage
http://googleblog.blogspot.com/2010/06/art-of-homepage.html

Freeze frame!
http://googleblog.blogspot.com/2010/06/freeze-frame.html





記事カテゴリ:サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。