米Yahoo!、2010年8月からアルゴリズム検索技術のBingへの切り替え開始

米ヤフー、2010年8月または9月に、検索サービスをマイクロソフトのBingに切り替えることを広告主に通知。米国及びカナダ。


公開日時:2010年07月16日 12:03

米Yahoo!は2010年7月15日、米国及びカナダの同社ポータルサイトで提供する検索サービスのバックエンド技術を、2010年8月または9月にMicrosoftのBingに切り替える。同日、広告主に対して通知が行われた模様だ。

アルゴリズムサイト検索技術はYST (Yahoo! Search Technology)からBingにリプレースされるが、ユーザインターフェースはYahoo!がコントロールするため、外観的には大きく変わらない。ただし、YSTとBingはサイトランキングの計算方法が異なるため、同じキーワードでも検索順位が大きく変わる場合もありうる。米Yahoo!は、SEOを重視している企業はKPIにインパクトがあるキーワードにおいての検索順位の確認を行うことを推奨している。

検索広告プラットフォームは既報の通り、今年のホリデーシーズン前にMicrosoft adCenterに移行する計画だが、広告主及びユーザエクスペリエンス向上を理由として2011年に延期される可能性もあるとYahoo!は述べている。

同社はすでに今月7月から、一部のユーザを対象としてBingの自然検索とMS adCenterの広告配信試験を開始している。試験配信のインパクトを最小限にとどめるため、配信量はごく少量に抑えられているが、順調に行われている模様だ。

米調査会社・comScoreの最新のデータによると、北米における検索シェアはYahoo!が18.9%、Microsoftが12.7%で、両社合算で約3割。





記事カテゴリ:サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。