BingとBing導入テストのYahoo! Searchの検索結果の違いは?

Bing検索サイト(bing.com)と、Bing移行テスト中のYahoo! Searchの検索結果を比較した。


公開日時:2010年07月22日 06:30

米Yahoo!とMicrosoftが各社の公式ブログで明らかにしているように(関連記事)、カナダ・米国のYahoo! Searchのトラフィックの1/4を対象にしたBing移行テストが実施されている。このテストユーザになった場合、検索結果UIは従来と変わらないがランキングはBingのアルゴリズムサイト検索技術に基づいたものが表示される。

今回は、Bing移行テストのYahoo! Search画面を確認することができたので、Bingとの相違点や類似点について簡単にまとめておく。

・両者の検索順位は全く同一

・キーワードのヒット件数は、BingとYahoo!で異なるケースが多々あり

・ブレンド検索は挿入箇所に違いあり

・ローカルや画像など、Yahoo!プロパティから引用しているデータなどは当然Bingと異なる

・Bingの左側に表示される関連検索やクイックタブ(カテゴリ)は、Yahoo! Search上では表示されていない。Yahoo!独自の絞り込み機能が表示される

・Bing自然検索で表示される、主要なディープリンクを一覧表示するサイトリンクはYahoo! Search上では一切表示されない

・Yahoo! SearchMonkey(日本名:Yahoo!検索プラグイン)は表示されない。これは移行テスト中で準備が出来ていないために表示されていないのであり、将来消滅することを示唆しているわけではないと考えられる(Microsoftの氏はインタビューでSearchMonkeyをBingに統合する考えがあることを1年前に表明しているが、決定はしていない)

・リスティング広告は、ジオターゲティングにより日本からは広告が表示されないため、Yahoo!とMicrosoftの違いを確認できず


以上、公式発表通り、あくまでBingは検索のバックエンド技術として、私たちユーザが目にするUIはYahoo!が独自にコントロールという状況です。





記事カテゴリ:サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。