米Google、米国でも「スポンサーマップアイコン」のテストを開始

グーグル、米国でも企業アイコンを地図に掲載できるスポンサーマップアイコンのテストを開始。


公開日時:2010年09月03日 11:19

SearchEngineLandによると、米Googleが米国内でGoogleマップ上にアイコン広告を掲載できる「スポンサーマップアイコン」の試験運用を開始した。

スポンサーマップアイコンは今年3月にオーストラリアで初めて試験提供されていた広告商品で、銀行ATMなど施設が存在する場所に、企業ロゴを掲載することができるサービス。米Googleプロダクトマネジャー・Matthew Leske氏によると、同試験は3ヶ月間、一部の著名な企業、Target、HSBC、Bank of Americaなどに限定して提供している。

料金体系はCPCではなくCPM課金。この理由について同氏は、ユーザがその場所を訪問するために特別のアクションが求められるわけではなく、単に周辺にATMがあるといった情報を知りたいだけのこともあるため、クリック課金の理由がないと説明している。

Google Maps “Sponsored Map Icons” Test Comes To U.S. [SearchEngineLand]
http://searchengineland.com/google-maps-sponsored-map-icons-test-comes-to-u-s-49681





記事カテゴリ:サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。