米Yahoo!、BOSS V2は課金モデルへ移行

Yahoo!がBOSSの次世代版の計画について言及。クエリ数に応じた課金制へ。


公開日時:2010年10月14日 18:52

米Yahoo!が提供するBOSS(Build Your Own Search Service)の次世代版は、課金モデルに移行する計画だ。BOSSは、Yahoo!検索インフラを開放し、開発者が自由に検索エンジンを開発可能にするオープンプラットフォームで2008年7月から提供されている。検索エンジンをBingにスイッチした後も、BOSSは継続提供することが発表されている。

次のBOSS V2は、1000クエリあたり40セントから75セントのクエリ数に応じた課金モデルを採用する計画。料金はウェブ検索や画像検索、ニュース検索などクエリにより代わる。クレジットカードをあらかじめ登録して利用数に応じて支払い請求されるようにする。

BOSS V2の提供時期は未定だが、米Yahoo! BOSSプロダクトマネジャー・Rahul Hampole氏は、新版提供後、60日間の移行期間を設けると述べている。なお、BOSS V2では構造化データやdelicious data、Site Explorerサービスは利用できない。

Yahoo Search BOSS Evolves to Paid Model
http://www.eweek.com/c/a/Search-Engines/Yahoo-Search-BOSS-Evolves-to-Paid-Model-406369/





記事カテゴリ:サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。