米Google、検索広告表示欄の名称を"Sponsored Links"から"Ads"に変更

グーグルが広告欄の名称を"Sponsored Links"から"Ads"へ変更。


公開日時:2010年11月09日 21:16

米Search Engine Landなどの報告によると、米Googleは2010年11月上旬、検索広告の表示欄の名称を"Sponsored Links"(スポンサーリンク)から"Ads"(広告)に変更した。google.comが対象で、日本では従来のまま。1ヶ月ほど前から一部のユーザ向けに名称変更のバケットテストを実施していた模様だが、11月9日時点でgoogle.comで正式に適用されており、米Googleも英語圏でロールアウトしたことを公式に認めた。

ちなみに米Googleが2000年にアドワーズ広告の提供を開始して以来、今日まで"Sponsored Links"の名称だった。


Google Does Away With “Sponsored Links” Label, Now Ads Are Labeled “Ads”[SearchEngineLand]
http://searchengineland.com/google-does-away-with-sponsored-links-label-now-ads-are-labeled-ads-54956





記事カテゴリ:サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。