米Googleがランキングアルゴリズムを変更、同ドメイン内から最大4ページを自然検索結果に表示

グーグル、検索アルゴリズムが、検索クエリが特定ドメインと関連していると判断したら、同ドメインから最大4件のリンクを自然検索結果に表示する。


公開日時:2010年11月18日 11:43

米Googleは2010年8月、ランキングアルゴリズムに一部変更を加えて、検索クエリのインテントが特定ドメインと深く関係している場合、検索結果ページに同ドメインから2件以上のページを表示するようになった。今回、その機能を拡張して、より多くの検索クエリを対象としたことを公式ブログで発表した。

従来、Googleは(そして他の多くの検索エンジンは)、検索結果の情報源の多様性(diversity)の観点から、検索結果に表示するリンクは1ドメインにつき最大2件と制限していた。たとえば、「SEO」と検索した時に、当サイトに関連するコンテンツが100件あっても、検索結果ページあたり www.sem-r.com からのページは2件までだった。この制限が今年8月に変更されたが、今回は該当検索クエリが広がった。

変更内容は次の2点。第1に、同じドメインから最大4ページが同時に検索結果に表示されるように変更されたこと、第2に、これら追加で表示されるウェブページはシングルラインスニペットとして表示されること。

たとえば、「moma」(注 ニューヨーク近代美術館 Museum of Modern Art, New York)と検索すると、自然検索結果に moma.org が4件表示され、2件目から4件目はシングルラインスニペットとして掲載される。

引き続きGoogleは、検索クエリに関連する情報源の多様性を担保するために様々なドメインからの情報を提示することに努める一方、検索アルゴリズムが、クエリとドメインが深く関係していると判断した場合は、検索インテントに合致するリンクを優先提供していく考え。

Petits fours in your search results
http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2010/11/petits-fours-in-your-search-results.html





記事カテゴリ:Google 2010-2019, サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。