「Google Instantによりアドワーズ広告のインプレッションとクリック数は上昇」 - 米Marin Software調査

米Marin SoftwareによるGoogle Instantが与えるリスティング広告への影響調査。インプレッション数、クリック数は増加しているが、コストは抑えられており、良好な結果。


公開日時:2010年11月19日 13:58

Google Instantリリース前後のインプレッション、クリック数、コスト、クリック率、CPCの比較

リスティング広告の入札管理プラットフォームを開発・販売する米Marin Softwareは2010年10月26日、米Googleが9月に開始したGoogle Instant(グーグル・インスタント検索)が検索広告に与えた影響についての調査結果を発表した。同社の調査は、Google Instantが検索利用者、広告主、そしてGoogleの双方にとって好結果をもたらしたと結論付けている。

Google Instantは今年9月にリリースされた。利用者が検索窓に入力しているキーワードを予測して、候補ワードを表示すると共に自動的に検索結果ページも切り替える機能で、検索業界ではSEOやリスティング広告は無論、検索行動に大きな影響があるとの観測があった。今回、Marin SoftwareはGoogle Instantが検索広告に与えた影響を定量化すること、そして検索マーケティング担当者に、Instantを念頭に何をすべきかを明らかにすることを目的として本調査を実施した。

調査はMarin Softwareプラットフォームを利用する顧客、合算して年間13億ドル(約1,085億円)、管理キーワード300万の検索広告キャンペーンの情報を分析した。集計期間はGoogle Instant導入前後の各2週間(合計4週間)。なお、シーズナリティや拡張キーワードなど結果に影響する変数を排除するように配慮されている。

調査結果の要点は以下に示す3点。第1に、検索広告の総インプレッション数は9%以上増加したのに対して、クリック数は5%以上増加していた。検索利用者の反応は好意的で、Google Instant導入により、利用者は目的に適合した広告をクリックしていることがうかがえる。

第2に、クリック数は増加しているが広告主の消化コストは2%未満の上昇にとどまっている。CPCは3%以上低下していることから、1クリックあたりの価値が高まっているといえ、広告主はGoogle Instantの恩恵を受けているといえよう。

第3に、上記結果をキーワードの種類別に深く分析したところ、Google Instantはインプレッション数とコンバージョン数の増加に寄与しているが、より短いクエリ(1~3ワード)の方が、長いクエリ(4ワード以上)より高いパフォーマンスを示している。つまり、Google Instantの予測機能により検索利用者のクエリが影響され、より一般的な、普遍的なキーワードの検索を促している可能性がある。

キーワードの長さとリスティング広告のパフォーマンスの関係

ワード数が多いクエリのCPCが大きく低下しているのは、品質スコアや掲載順位といった変更の影響によるものではなく、統計上の異常値の可能性もあるという。5ワードを除外した全クエリの平均CPCは2.57%の低下に対して、5ワードクエリのみの平均CPCは12.6%も低下するためだ。


ちなみに、オーガニック検索への影響は米Conductorが実施しているので、あわせて参照してほしい。

Marin Software
http://www.marinsoftware.com/

[お詫び] 本記事で述べている「コンバージョン」は、クリック数の誤りでした。後程、訂正させていただきます (2010/11/19 22:20)





記事カテゴリ:サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。