米Marin SoftwareとClearSaleingが検索キャンペーンのアトリビューション分析で提携

アトリビューション分析とリスティング広告入札管理ツールが手を組んだ。Marin Softwareの検索広告管理プラットフォームにアトリビューションを取り込む。


公開日時:2010年11月19日 13:58

米Marin Softwareと米ClearSaleingは2010年11月9日、両社の検索広告管理プラットフォームとアトリビューション及び広告分析プラットフォームを統合することで協力すると発表した。

検索マーケティング市場にも数多くのサイト・広告分析ツールが存在するが、その大半は依然として「ラストクリックの評価」に終始している。検索マーケティングは直接的・間接的に、ディスプレイ広告やオーガニック検索、オフラインメディアなどと関係しているにも関わらず、解析ツールは検索キャンペーンを切り取った、単独評価を行うために適切な評価が行われていないケースは少なくない。この問題を解決するために、高度な入札管理プラットフォームを有するMarin Softwareと、広告のアトリビューション分析技術を持つClearSaleingが手を組んだ。

これまで別個で動作していた2つのプラットフォームが統合されることにより、コンバージョンデータやURLハンドリングの同期が可能となる。入札管理ツールがアトリビューション情報を扱えるようになることで、検索キャンペーンの投資対効果を適切に評価できるようになる。

大口の広告主は、検索キャンペーンにおいて数百万ものキーワードを管理しているケースもあるが、過小評価されているキーワードも少なくない。それらは、単にキャンペーン管理や戦略、及びツールの欠陥がもたらすものではなく、ラストクリックしか評価をしない効果測定基準やそれを実現するシステムに原因があった。両社は、キーワード1つ1つの適正価値を測定して、それをプラットフォーム間で共有することにより、ROIや効率性が高められるという。





記事カテゴリ:サーチニュース 2010, リスティング広告
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。