検索エンジン "infoseek" ドメインがオークション出品

かつて検索エンジンとして名を馳せた、infoseek のブランドドメインがオークションに出品された。SearchEngineWatchによると、ラリーページとセルゲイ・ブリンはPageRank技術をinfoseekに売りにいったが、断られたとのこと。


公開日時:2010年12月09日 17:29

米ブランドネームオークションに、90年代の検索エンジン・Infoseekのドメインが出品された。売却ドメインは、Infoseekengine.com, Myinfo-seek.com, Info-Seek.com の3つで、期限は2011年8月19日。

1990年代にインターネットを利用していた人にとって、infoseek は懐かしい検索エンジンの1つだろう。1994年7月に米国で設立され、翌年2月に全文検索サービスを公開した。検索課金モデルで失敗したものの、1997年9月には730万人のユニークユーザを獲得するまでに成長した。ちなみに日本法人は1996年にデジタルガレージが米国本社と業務提携して、日本語サービスを展開(翌年、インフォシークジャパン株式会社設立)。

しかし米infoseekは1998年に米ディズニーに売却された翌年、Go.comとの統合で消滅した。Go.comは現在、ディズニープロパティのポータルサイトとして現在も運営されている。日本法人は2000年12月に楽天に買収され、2003年9月にライコスとともに楽天本体に吸収合併された。

Brand Name Auction
http://www.trademarkauctioninfo.com/





記事カテゴリ:サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。