SEO: Google は ODP / DMOZ からのリンクを特別視しているわけではない

よく誤解される話題の1つとして「GoogleディレクトリはDMOZ (ODP) を採用しているから、同ディレクトリへの掲載は効果的ではないか」という話がある。だが、それは間違いで過去に Google は何度か否定している。また、「DMOZクローン」の氾濫により、現在は大した意味はない。


公開日時:2010年12月17日 12:56

Yahoo! JAPAN が自然検索のバックエンドを Google に切り替えたことを契機に、(私はこの言葉は好きではありませんが、本文では便宜的に用います)「GoogleのSEO」について勉強をし始めた人もいるかもしれない。幸い、インターネットで検索すると、過去に様々な方が公開した情報を探し出すことができるが、中には「遠い過去の話」のものも含まれている。今回は、DMOZ(Open Directory Project、以下 ODPと表記する)について説明しよう。

ODPとは、世界中のボランティアによって構築・編集されているディレクトリサイトだ。ほとんど誰も利用していないだろうが、一応 Googleも以前から「Googleディレクトリ」(http://www.google.com/dirhp?hl=ja)において、ODP のデータを採用している。

さて、さかのぼること10年前、当時は「Googleで検索上位に表示するための施策として、ODPは有効である」という意見は比較的多かった。当時はまだ「ソーシャル○○○」などという言葉はもちろん、ブログという言葉もあったかどうかという時代で、外部リンク構築施策は現在とは随分違うという事情を汲んでもらいたいのであるが、ともかく、当時のSEO、外部リンク構築における基本として「ODPに登録すること」は必ずピックアップされる要素であった。

しかし、Googleは「ランキングにおいてODPからのリンクを特別に評価することはしない」(GoogleGuy [Matt Cutts ?], WebmasterWorld (2004), Google, SES (2005) など)という意見を表明している。つまり、ODP 掲載サイトを検索ランキングにおいて優遇しているわけではない。SEOに有利というわけではないのだ。

だが一方で、検索順位を追跡調査する限りにおいて「ODPに掲載されることで順位は上がったように見える」ことも確認できた。Google は嘘をついているのか?否、理由は別のところにある。

背景には「ODPクローン」(DMOZクローン)の存在がある。実は ODP のデータは、誰でも自由に利用可能となっており、ダウンロードして自分のサイトにアップロードすれば簡単に巨大なディレクトリコンテンツを自社サイトに展開することができる。これを利用して、世界中の何千ものサイトがODPクローンを自社サイトに展開した。ちなみに日本国内のポータルでいうと過去に AOL Search が利用していた例があるが、現在は閉鎖されている。

つまり、サイト運営者は「ODP」という1つのディレクトリに登録したつもりでも、実際には世界中のODPクローンに展開されるため、実質的に世界中から数千ものリンクが張られることになったのだ。これらのリンクが評価されることにより、検索順位も上昇していたというわけだ。

この手法はSEO業界に広く知れ渡るようになるにつれて、(当然ながら)悪知恵を働かせる人々も登場する。超格安にドメインを取得し、廉価なホスティングサーバを用いてODPクローンを次々と展開していき、そしてフッターリンクにターゲットとするサイトへのリンクを埋め込むという手法が横行する。また、ASP方式のサービスも登場し、数行のスクリプトを書き込むだけでODPデータをまるごとコピーしたサイトを構築するようなものも登場して拍車をかけた。

検索エンジンの開発サイドからすれば、こうした「単なるコピーディレクトリ」のリンクに基づいてサイトの順位づけを行うことは合理的ではない。そこで Google は、重複したコンテンツをフィルタリングしていく方針の一環として、ODPクローンはすべて評価しないという施策をとった。このため、今日はODP に掲載しても「それは単なる1つのリンク」としての評価しか行われていない。

したがって、ODPに掲載することは、「ディレクトリサイトに自分のサイトを掲載する」というSEOの王道的な、1つの外部リンク構築の方法として行ってもらうことは全く問題ない。しかし、Google が"特別な評価"をするかと言われれば、それは「NO」であることを改めて理解しておこう。Googleドメインからのリンクとはいえ、コピーディレクトリである以上、相応の評価しか与えないし、先に述べた通り ODP からのリンクが特別な評価を与えることはない。かつての Yahoo! JAPANにおける「Yahoo!カテゴリ登録」の意味と、Googleディレクトリ登録の意味は、まったく別次元のお話だ。

ちなみに最近は、ODP の掲載審査は非常に時間がかかる(いつまでたっても登録されない)ケースが増えているので、個人的には ODP への掲載手続きはお勧めしていない。もはやODPは重要なディレクトリとは呼べない。


#
「今更 DMOZ について解説するとは思わなかった」、それくらい、SEO的には大昔の話です。知らなかった方はこの機会に是非、ご理解を。本文最後に書いた通り、最近はめったに登録されないので、個人的には無視していいと思います。というか、ここ数年やったことありませんし、DMOZ は重要なディレクトリではありませんし、こだわる必要性がありません。ほとんど登録される見込みがないのですから、作業時間の無駄です。お金かかっても、クロスなんとかさんとかのサービス使った方が。

[追記] 繰り返しますがこの話題は、何年も前にSEO業界の先人たちによって散々議論された挙句、回答が出ている話題の1つなので、今さら議論する余地はありません。当時と状況が変化していれば別ですが、むしろ「ODPのデータなんか信用できないよ」に向かって変化しましたし。メンテナンスも怪しくて掲載審査基準もきわめて怪しいディレクトリをランキング決定時に優遇する合理的理由はないのです。

あるいは、Yahoo! がランキング決定時に、なぜ自社ディレクトリ掲載サイトを独立したシグナルとして扱うのか、その理由を理解することにより、おのずとGoogleが ODP を優遇しない(できない)理由も見えてくるでしょう。





記事カテゴリ:SEO(検索エンジン最適化), サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google、キーワード入力中に検索結果を表示する Google Instant 機能を廃止
Bing、ゲーム・オブ・スローンズの検索体験を高める新機能を追加
ヒュンダイ、Google Assistant と連携、リモートで自動車に音声指示が可能に
Google MFI、サイト単位で導入予定
Yahoo!カテゴリ、2018年3月末に終了 20年以上の歴史に幕
GoogleがEU競争法に違反、制裁金3,000億円支払い命じる 欧州委員会
グーグル、求人情報検索「Google for Jobs」を公開
EU、グーグルに巨額の制裁金の可能性 独禁法調査に結論か
Googleモバイルファーストインデックス、導入は早くても2018年以降
グーグル、検索結果の説明文に DMOZ 使用を中止すると発表
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。