NAVER、「NAVER英語辞書」提供開始

ネイバー、英語辞書サービスを提供開始。


公開日時:2011年01月04日 04:30

ネイバージャパン株式会社は2010年12月22日、同社の検索サービス「NAVER」において無料オンライン英語辞書サービス「NAVER英語辞書」の提供を開始したと発表した。

英和・和英・英英辞典の3つが利用できる。「NAVER英語辞書」は小学館の「e-プログレッシブ英和中辞典」「プログレッシブ和英中辞典」、HarperCollins Publishers Ltdの「Collins English Dictionary」の単語・成句・熟語・例文データ約54万件に、海外の主要ニュースサイトや一般のWEBサイトから収集した例文を加え、約2,700万件もの例文を検索することができる。米国式・英国式両方の単語の発音を確認することも可能。

また、政治、経済・金融、IT・科学、スポーツといった「テーマ」や記事、演説、評論、課題/レポートなどの「文体」、「米国、英国、カナダ、豪州」といった地域などで簡単に絞り込むことで、参照したい例文を簡単に探すことができるという。

NAVER英語辞書
http://endic.naver.jp/

#
私は長年スペースアルク(alc.co.jp)を利用しているのですが、乗り換えてもいいくらいの出来。alc.co.jp は時々サーバが重たくて結果表示に時間がかかるようになったのが最近不満。





記事カテゴリ:サーチニュース 2010
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。