フリービット、ディレクトリ登録「プロバイダーリンク」提供開始

フリービット、ディレクトリサービス事業を開始。サイト登録審査サービス「プロバイダーリンク」提供開始。31,500円から。


公開日時:2011年01月28日 09:33

フリービット株式会社は2011年1月28日、グループ会社の株式会社フルスピードと共同でインターネットでのサイト検索の利便性を高めることを目的としたディレクトリーサービス事業に参入すると発表した。

フリービットが持つ全国300社を超えるISP(インターネットプロバイダー事業者)パートナーと連携して、各社のウェブサイトにディレクトリーを構築する。サイト運営者は、フリービットが構築するディレクトリーに自社サイトを掲載することにより、各ISPサイトからのアクセス増加が見込めるだけでなく、多数の被リンク獲得によるSEO効果も期待できるという。

サイト登録サービスは「プロバイダーリンク」という名称で提供する。審査料は31,500円だが、フルスピードクラブ会員企業は50%オフの料金で登録審査を申し込める。

フリービット、フルスピードと共同でSEO効果にも期待できる「ディレクトリーサービス事業」に参入
http://freebit.com/press/pr2011/20110128.html


#
フリービットはISPアウトソーシングサービス事業を展開しているので草創期から運営されている全国各地の中小ISP事業者と関係があります。このISPサイトを巨大な検索順位操作目的の巨大なリンクネットワークとして機能させようというのが、このディレクトリーサービス事業(プロバイダーリンク)というわけですね。企業からすれば、31,500円支払うだけで300社以上のサイトから被リンクが集められるわけですからおいしいと考えるでしょう。

ただし過去に世界中でDMOZ (ODP, Open Directory Project)クローンが大量発生したときには、Google はコピーディレクトリを全部排除(評価しない)するという対策をとってきました。現在も Google は独自性の低いコピーコンテンツは評価をしないという方針ですので、プロバイダーリンクで実際にパートナー数分の被リンク効果が得られるかというと疑問です。





記事カテゴリ:サーチニュース 2011
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。