米Google、アルゴリズム変更を報告 - 検索クエリの2%に影響

米グーグル、コンテンツファームを標的とした検索アルゴリズム変更を先週実施。


公開日時:2011年01月31日 05:30

米GoogleのMatt Cutts氏は2011年1月28日、先週公式ブログで発表したスパムレベルを低下させるための検索アルゴリズム変更が、同社の会議で承認され、実施されたことを自身のブログで報告した。

既報の通り、同社は先週、特にオリジナリティの低いコンテンツの複製ページやサイトをターゲットとしたものを含む、検索結果に含まれるスパムを減らすためのアルゴリズム変更の検討をしていることを発表している。同社は毎週実施される"Quality launch meeting"の検討・承認を経て日々、検索アルゴリズムの変更を行っている。

Matt Cutts氏によると、今回の検索アルゴリズム変更は2%程度のクエリに影響するが、多くの人は気がつかない程度。

Algorithm change launched
http://www.mattcutts.com/blog/algorithm-change-launched/





記事カテゴリ:サーチニュース 2011
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。