SEO:シンジケーションネットワークと外部リンク効果の関係

100のサイトに同一のテキスト&リンクを掲載しても、相応の効果は得られません。シンジケーションサイトの数の大きさと、SEOの外部リンク効果は比例しません。


公開日時:2011年03月11日 15:16

コンテンツやリンクを配信できるシンジケーション(提携)サイト/ネットワークを構築して、それらを一度に複数のサイト(ドメイン)上に展開できるビジネスのスキームがあります。この仕組みをSEO(特に外部リンク構築)に取り入れて、リンク対策の効果を倍増させようとする試みというのは昔からあります。しかしながら、近年のランキングアルゴリズムの発達により、こうしたシンジケーションサイトを利用したSEO効果というのは残念ながら期待できません。

『シンジケーションサイトの数の多さと被リンク効果は比例関係にない』ということです。たとえば、30サイトにプレスリリースを配信してくれるサービスを利用すると仮定します。この時、仮に自分のサイトへのリンクを埋め込んだリリースが30サイトに掲載されたとしても、そのSEO(この場合は外部リンク)効果は30サイト分にはなりません。少なくとも1サイト分にはなりますが、多くても10サイト分の効果はないでしょう。

同様に、ディレクトリのシンジケーションサービスで、一度の登録で100のサイトに掲載されるといった場合も同様です。あなたのサイトのリンクとタイトル&説明文がその提携先である100サイトに掲載されても、その外部リンク効果は100サイト分にはなりません。

これまた同様に、コラムやニュース記事を提携先サイトにも配信・掲載してくれる場合も、仮に10のサイトにコンテンツが掲載されても、相応の効果は得られません。

同じ形式のリンク、コンテンツが複数のサイト上に展開されても、それは同一データの複製・重複のため、「同じもの」として処理されてしまうのです。これは、DMOZ (Open Directory Project)のクローン問題からも明らかですし、また、SMX West 2011 のセッションにおいても、シンジケーションによる効果は期待できないといったコメントもでています。

もっとも、ほんの少し昔にさかのぼると「オーソリティサイトの例外扱い」というものがあり、たとえ重複・複製したリンクやコンテンツが存在しても、あるいは内容が薄っぺらなコンテンツであっても、掲載サイトそのものがオーソリティ(権威ある、信頼のおける)サイトに足ると判定されている場合はリアルタイムにクロールされ、検索結果上位にも表示され、いくらかの評価は得られました。たとえば、オリジナリティの低い、薄っぺらいコンテンツを、大昔からあるポータルサイトやISP系サイトに掲載すると、(コンテンツに問題があっても)比較的検索結果の上位に表示されやすく、また、そこから発せられるリンクも一応評価されていました。これは OKWaveのQ&Aネットワークが多重に検索結果に表示されてしまう例を思い浮かべていただくとわかりやすいでしょう。教えてgooもMSN相談箱も、OKWaveそのものも、検索エンジンの視点的には「高評価」を与えるに十分なサイトですから、たとえ内容が重複していても、検索結果には表示されてしまいます(そして、関連性が悪いと感じる方も少なくないでしょう)。

しかし、パンダ・アップデート(Panda Update)やファーマー・アップデート(Farmer Update)という最近の一連のランキングアルゴリズムの更新により、単純にサイト(ドメイン)がオーソリティスコアが高いと判定されていても、個々のページの品質やオリジナリティが低い場合は評価がされにくくなってしまいました。この結果、シンジケーション先が従来のアルゴリズム的に「良い」と判断されているドメインであっても、提供するコンテンツやリンクに問題がある場合は、たとえその「良い」と判断されているドメイン配下であっても、効果はゼロか限りなく薄いのです。

決してシンジケーションネットワークを通じたコンテンツやリンクがSEO的に価値がゼロであるということではありません。登録すること自体は意味があります。ただし、そのシンジケーションの規模ほど、SEOの効果は得られないのです。繰り返しますが、『シンジケーションサイトの数の多さと外部リンク効果は比例関係にない』のです。

従いまして、SEOの観点から、こうした「規模の経済」を活かした、シンジケーションの大きさによって効果が左右されるようなサービスを検討する場合は、十分に細部を検討する必要があります。





記事カテゴリ:SEO(検索エンジン最適化), サーチニュース 2011
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。