マーズフラッグ、「見える!」検索エンジンを大幅にリニューアル・・・機能大幅縮小か

マーズフラッグ、一般ユーザ向けに公開していたウェブ検索エンジン・MARS FLAGを縮小か。


公開日時:2011年04月13日 10:10

株式会社マーズフラッグが2006年5月に正式公開した検索エンジン「MARSFLAG」が、大幅にサービスを刷新した模様だ。

2010年4月13日現在、同社サイトの検索サービスを見ると、検索対象のインデックスが制限されているほか、リリース当時の特色だった「見える」機能 - サムネイル表示機能 - が削除されていることが確認できた。検索クエリ「原子力発電所」「アドビ」「タクシー」などで検索しても、.co.jp(企業ドメイン)と一部のCGM系サイトしか検索結果に表示されないほか、画面左側に設置されたカテゴリも企業の業種を示す一覧が常時表示されていることから、特定用途(企業サイト?)検索サービスになっているのかもしれない。

MARSFLAGはリリース当時の会見で「Web 2.0 的順位付け」などを謳っていたが、GoogleやYahoo!JAPANなどの強力なライバルがいるウェブ検索市場で大きな存在感を示すことはできなかった。ただし、同社の技術を使った、企業向けのサイト内検索エンジン「MARS FINDER」は評判が良く、多くの企業への採用実績もあることから、今後はサイト内検索の導入に主軸を移していくのだろう。

見える!検索エンジン MARSFLAG
http://www.marsflag.com/





記事カテゴリ:サーチニュース 2011
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。