Googleソーシャル検索とGoogle +1、利用するソーシャルグラフが異なる理由は?

グーグルが提供するソーシャル系の検索サービスであるGoogle Social SearchとGoogle +1。基本的にソーシャルグラフ(交友関係データ)に基づいて検索結果をカスタマイズする点は同じですが、利用するデータソースは異なります。これはなぜ?


公開日時:2011年04月27日 12:46

ソーシャル系サービスにおいて数多くの失敗を繰り返しているGoogleですが、検索業界の流れとしてソーシャル - ユーザの交流関係 - を取り込んで検索を便利で優れたものに進化させていく方向に向かおうとしているのは確かです。Googleもソーシャル検索で試行錯誤をしながら、SearchWiki(終了)、Star(ほぼ終了)、Social Search(ベータ版)、+1(ベータ版)といったサービスをリリースしてきました。

さて、稼働中の、ソーシャルグラフ内のユーザが作成・共有したコンテンツが検索できるGoogle Social Searchと、自分が良いと思ったコンテンツを他のユーザに推薦できるGoogle +1(プラスワン)。両者ともにユーザのソーシャルグラフデータを活用するという点で同じなのですが、実はそのデータソースは異なります。

それを表したのが次の図です。

Googleソーシャル検索とGoogle +1 利用するソーシャルグラフデータは異なる

ポイントは、Google Social Search は Google +1 よりも広範囲のデータソースを利用している点です。Google +1 は、Google TalkやChat、Buzz、Reader などGoogleが提供する各種サービス内で交友関係があると判断できるユーザを結びつけているのに対して、Google Social Search はTwitterやFacebook、Flickr など外部のサイトから取得できるソーシャルグラフデータも取り込んでいることがわかります。もしGoogleアカウントをお持ちの場合は、Google social circle page の編集画面でGoogleが皆さんの交流関係をどのように把握しているかを確認すると良いでしょう。面識がないような人や、なんでこの人とつながるの?と疑問に思うような情報も含まれているに違いありません。

Googleが提供する同じソーシャルを指向した検索サービスながら、なぜこうした区別を行ったのでしょうか。これはGoogleがそれぞれのサービス設計時に定めたコンセプトや理念が異なることに理由があると考えられます。つまり、Social Searchはクチコミなどユーザ体験を検索するなどの場面における、交流関係的な関連性の高い情報の発見(discover)を念頭においています。対するGoogle +1 は、オンライン上の数多ある玉石混淆の情報の海のなかから、友人(または不特定多数の集合)により「承認」(trust)された情報を選び出せるようにすることを目指しているということです。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, サーチニュース 2011
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。