米Efficient Frontier、ソーシャル分析の米Context Optionalを買収、Facebook分析強化へ

米Efficient Frontierがソーシャルメディアの管理プラットフォームを提供する米Context Optionalを買収、Facebookページの顧客獲得から関係性維持・強化までの管理ソリューションを強化。


公開日時:2011年05月05日 04:51

米Efficient Frontierは2011年5月4日、エンタープライズ向けソーシャルマーケティングソリューションを提供する米Context Optionalを買収したと発表した。Efficient Frontierは自社の管理プラットフォームにContext Optionalの技術を統合することで、Facebookページの管理及び最適化技術の強化を目指す。

Efficient FrontierがContext Optional買収

Context Optionalは、TwitterやFacebookなどソーシャルメディアにおける顧客の維持・エンゲージメントを支援するためのSocial Marketing Suite宇ラットフォームを開発・提供している企業。一方EFは、検索領域で培った高度なアルゴリズムを駆使した最適化プラットフォームをディスプレイ広告やソーシャルメディアにも展開して、顧客獲得のための最適化ソリューションに力を注いでいる。今回の買収により、Facebookページを通じた顧客の獲得から関係性の維持・強化に至るまでの管理及び最適化ソリューションを一貫して提供することが可能となる。

EF社CEOのDavid Karnstedt氏は、ソーシャルメディアマーケティングはカスタマーとの最初のコンタクトポイントのみならず、感動的な体験や継続的な対話も必要としているとし、Context Optionalの買収によりマーケッターがブランドファンと接触できるタッチポイントのすべてを管理できるプラットフォームを構築できると述べている。

EFFICIENT FRONTIER ACQUIRES CONTEXT OPTIONAL
http://www.efrontier.com/about-us/press/press-releases/efficient-frontier-acquires-context-optional

A unified solution to acquire and engage audiences in social media
http://news.efrontier.com/Context-Optional.html





記事カテゴリ:サーチニュース 2011
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。