iPadユーザーのGoogle検索結果クリック率、1位は20% Chitika調査

Chitikaがアップル・iPadユーザーの検索行動を調査。PCユーザーと比較して、Google検索結果1~3位のクリックシェアが低いことが判明。


公開日時:2011年05月12日 02:23

アドネットワークChitikaのリサーチ部門・Chitika Insightは2011年4月末、米Appleのタブレット端末・iPadを利用するユーザーの検索行動に関する調査結果を発表した。

Apple iPadユーザー Google 検索結果 クリック率調査 chitika

Googleオーガニック検索結果の検索順位別クリック率を測定したところ、1位は約20%、2位は約13%、3位は10%程度であることがわかった。Chitika社は、PCユーザーを対象とした同様のクリック率調査を実施しているが、PCユーザーの1位が30%、2位が16%、3位が11%というデータと比較すると、iPadユーザーのトップ3に占めるクリック率が低いことが分かる。米Optify社のデータと比較しても同様だ。

こうした行動の違いが出る背景として、iPadユーザーの検索目的と、タッチスクリーンというiPadデバイス特性が挙げられる。

モバイル広告の米AdMobの調査によると、検索はタブレット端末の主な用途の2番目として挙げられ、78%のユーザーは情報取得のために検索を利用している。また、タブレットの利用場所として82%が自宅と答えており、約7割のユーザーが週末に利用している。さらに、タブレット端末は画面上に同時に複数のウインドウが表示されないために検索により集中する傾向が高いこと、タッチスクリーンで自由に画面のスクロールやページの行き来が行えること、といった事情も勘案すると、iPadユーザーはタッチスクリーンを使って検索結果全体を見ながら、関心を持ったページを行き来しているのではないかと考えられる。

タブレット端末の利用用途、検索は2番目
タブレット端末の利用用途、検索は2番目。

なお、本調査はApple iPad のみを対象としており、Android OS端末は含まれていない。

Is The iPad Changing The Way We Search?
http://insights.chitika.com/2011/is-the-ipad-changing-the-way-we-search/

cf.
Googleオーガニック検索のクリック率調査 - 米Optify調査





記事カテゴリ:サーチニュース 2011, モバイル検索
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Googleマイビジネス、レビュー投稿ガイドラインを更新、レビューの選別や誘導を禁止
Googleモバイル検索が仕様変更、無限スクロール採用
グーグル、モバイルファーストインデックスへの移行を発表
グーグル、ダイレクトアンサーで「検索結果を表示しない」試験を中止
被写体の関連情報を表示する Google Lens が Android で利用可能に
Google、数週間内にも多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行
Google、画像検索結果の一部機能を廃止
Google検索、直接ホテル予約が可能に
Google、12月中旬の順位変動は日常的なアルゴリズム改良の一環と説明 業界では マカビーアップデート と命名も
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。