ソーシャル検索はGoogleやBingの検索結果をどのように変えるか?


ソーシャル検索が具体的に検索結果をどのように変えるのかについて、GoogleとBingそれぞれで情報をまとめました。


2011年06月01日 15:24 | Bing (Live Search), Google 2010-2014, サーチニュース 2011 | TrackBack (0) | 執筆:

MicrosoftやGoogleのソーシャル検索の課題や問題点についてはサーチエンジン情報館にて掲載しているので併せてお読みいただければと思いますが、こちらは、Facebook Likes や Google +1 といったソーシャルシグナルが検索結果にどのように作用しているか、についてまとめておきます。

ソーシャル検索によるパーソナライズの種類

ソーシャル検索によるパーソナライゼーションは、分類すると


  1. オーガニック検索のランキングをパーソナライズする

  2. オーガニック検索に注釈を表示する

  3. 検索上位にインサート表示する

に分けられます。(1) はソーシャルグラフに基づき、ユーザー個々に検索結果をカスタマイズするものを指します。(2) は関連した情報を探しやすくするための表示の追加で、たとえば「○○○さんが△△にいいね!をしています」といった友達の評価を表示するものです。(3) は、Googleワンボックスのように、既存のオーガニック検索に追加する形でリンクを挿入するものです。


Microsoft(Bing) x Facebook

  1. Bingオーガニック検索に友人が評価したページが含まれていた場合に、検索上位にインサート表示する場合があります。これはオーガニック検索の順位を変更しているのではなく、オーガニック検索に追加で当該リンクを挿入します。Windows Liveアカウントのサインイン/オフにかかわらず、オーガニック検索の順位そのものは変わりません。
  2. Facebook全ユーザーのLikesを集計した(Collective IQ)データも、従来のオーガニック検索に注釈として追加されるだけで、ランキングそのものを変えるわけではありません(例 1000人がこれを「いいね!」と言ってます)
(以上、Microsoftの開示情報より)

以上の通り、BingとFacebook連携によるソーシャル検索は、順位そのものを変更するのではなく、表示内容を変更する仕様となっています。


Googleソーシャル検索 / Google +1

  1. ソーシャルグラフのユーザーとの関係性、交流の深さによって、他のユーザーが「共有」「作成」「評価(+1)」したリンクのランキングをユーザーにあわせてパーソナライズする場合があります。つまりランキングに影響するということです。
  2. オーガニック検索に他のユーザーが共有、作成、評価したリンクが含まれている場合、その旨を注釈として表示します。これは検索結果への追加情報であり、ランキングを変えるわけではありません。
(以上、Googleの開示情報より)

以上の通り、Googleソーシャル検索はオーガニック検索のランキングが個別化される場合もありますし、ソーシャルに関する情報が検索結果に追加表示される場合もあります。これはユーザーがGoogleが参照するソーシャルグラフの交流をどれだけ行っているかに依存します。

# 個人的には、Google関連サービスでの交流はないというか、そのつながりの情報には興味がないので役立たない・・・ Google Talk や Buzzなんて使いませんし。


Google AdWords と Google +1

  1. アドワーズ広告にもGoogle +1 ボタンが表示されます。
  2. 広告主は、アドワーズ広告に表示される+1ボタンを外すことはできません
  3. Google +1のクリックは、広告のクリックとしてカウントしません。
  4. 広告主は、+1ボタンのクリック状況を把握できます。
(以上、Meet +1: Google’s Answer To The Facebook Like Button (Search Engine Land)より)

これはFacebookの広告をイメージしてもらうとわかりやすいと思います。


参考:ソーシャル検索で本当に検索は便利になるのか? [サーチエンジン情報館, CNET Japan] ではソーシャル検索の課題や問題点について触れています。


【参考】

Cutts confirmed what Google said when the +1 button launched: Google will use +1 activity to influence its search results. “It’s definitely a signal we’re paying a lot of attention to,” Cutts said. “It has tons of potential. It looks very promising.” [Matt Cutts, Google Engineer, Google’s Matt Cutts Riffs On J.C. Penney, Panda Update & Other SEO Topics In Live Webchat, SearchEngineLand]


What’s also interesting is that users don’t need to specifically endorse ads for their pluses appear on ads. Google’s Oestlien said that there’s a common infrastructure for social search/+1 on both the organic and paid sides. As a result user pluses in organic SERPs or on publisher sites away from Google will impact their appearance in paid search ads. [Christian Oestlien, Google’s Group Product Manager for Ads, Google’s +1 A Potential Boon To Paid Search Marketers, SearchEngineLand]

In some cases, Google will simply be annotating results with a social search indicator, says Google’s Mike Cassidy, Product Management Director for Search. Google’s traditional ranking algorithms will determine where a listing should appear, but the listing may be enhanced to reflect any social element to it. In other cases, the social search element will change a page’s ranking — making it appear higher than “normal.” This, I should add, is a personalized feature based on an individual’s relationships. The ranking impact will be different based on how strong your connections are, and different people will see different results. [Mike Cassidy, Google Product Management Director for Search, "Google’s Search Results Get More Social; Twitter As The New Facebook “Like”", SearchEngineLand]









最新の検索エンジンニュース

新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
SEO 外部リンク診断・分析時に大切な2つの評価基準
ペンギンアップデート3.0は影響1%未満、完了まで数週間かかる見込み
「SEOとGoogle の展望とSEO担当者が理解すべき戦略 2015 セミナー」(11/27)
Google ペンギンアップデート3.0 傾向と対策
Google「パイレーツアップデート」実施、著作権侵害サイト対策を強化
アダルト専門検索のBoodiGo、著作権侵害対策でPorn Guardianと提携
【公式】 Google、ペンギンアップデート3.0実施を認める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。