米Adobe、SearchCenter+ にキーワード予測分析

Adobe SearchCenter+がOptiMineの技術を活用してキーワードパフォーマンスの予測分析を行う。SearchCenter+のカスタマーは既存契約で利用可能。


公開日時:2011年09月08日 09:20

米Adobeは2011年9月6日、SEM管理ツール「Adobe SearchCenter+」にキーワードパフォーマンスの予測分析機能を追加したことを発表した。OptiMine Softwareとの提携により実現する。キーワードパフォーマンス分析機能の導入により、サーチマーケッターはROASの改善やリード獲得数の増加、コンバージョン率の改善、売上増加、キーワード当たりの獲得利益など、検索広告の各KPIの改善が可能になるという。

OptiMine Softwareはキーワードレベルの統計モデルを提供。SearchCenter+に蓄積される、クライアントの実績運用データという価値の高い情報ソースを活用することで、キーワードのパフォーマンスや最適な入札単価を計算することが可能になるという。

Omniture事業部のプロダクトマーケティングディレクター・Tim Waddell氏によると、12か月分のキーワードレベルのデータをOptiMineのアルゴリズムで分析することにより、シーズナリティ(季節要因)などのキーワードトレンドが把握できるという。その上で、どの変数が重要かを特定し、24個の異なる統計モデルの1つを適用して翌日の最適な入札価格を計算する。


Partnership with OptiMine Enables Search Marketers to Significantly Increase Paid Search Performance
http://www.omniture.com/press/887





記事カテゴリ:サーチニュース 2011
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。