米Ginzametrics、SEOキーワードランキングレポートを改良

SEO管理ソフトウェア・Ginzametrics(ギンザメトリックス)がキーワードランキングレポートの表示形式を改良。


公開日時:2011年09月29日 10:35

米Ginzamarkets, Inc.は2011年9月22日、同社のSEO管理ソフトウェア「Ginzametrics 」のキーワードランキングレポートを改善したことを公式ブログで発表した。

Ginzamarkets はSEOの運用管理を支援するためのソフトウェア。ターゲットとするキーワードの検索順位のトレンドを追跡したり、Google Analyticsと連携したレポーティング、サイト内部の最適化のアドバイスを提示するなどの機能を持つ。

今回改良されたのはランキングレポート。従来は、「現在の順位」と「前回の順位」を並記して、順位変動なしを緑色で、順位下落を赤色でハイライト表示していた。しかし、この表示方式では傾向を把握することが困難であったり、担当者の頭の中で順位変動を計算しなければいけないなどUXの問題があり、利用者からも改善要望が届いていたという。

新たに設計したキーワードランキングレポートは、前回から変動のあったキーワードのみ、その変動値を緑色(順位上昇した場合)、赤色(同下降)で表すシンプルな形式とした。これにより、情報の読み取りや、傾向把握が行いやすくなったと説明している。


Improving Our SEO Rankings Visualization
http://ginzametrics.com/blog/improving-our-rankings-visualization.html

#
ちなみに当サイトでは Ginzametrics を導入してるのでレポートを確認してみましたが、確かにわかりやすく改良されていました。

ランキングレポートって、扱うキーワードの数が増えてくるとどのように視覚化するかが非常に悩ましいのですよね。インハウスでSEOされてる企業さんのレポート見せてもらっても、各社独自の工夫をされています。





記事カテゴリ:サーチニュース 2011
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。