米Google、パンダ・アップデート 2.5を実施 完了

グーグル、サイト品質を評価するパンダ・アップデートを実施。


公開日時:2011年10月01日 08:52

SearchEngineLandによると、米Googleは今週、コンテンツ品評価関連のランキングアルゴリズムのアップデート、通称"パンダ・アップデート"(Panda Update)を実施したという。

パンダ・アップデートは検索結果の全体的な品質を高めることを目的とした、検索ランキングアルゴリズム。ダイナミックに計算される通常のアルゴリズムとは異なり、都度、マニュアルで動作している。最初に実施された2011年2月24日が業界では Panda Update 1.0 と呼ばれており、今回は通算すると 2.5に相当する。

Googleスポークスマンは、「我々はGoogleユーザーに高品質なサイトを届けるというコミットメントの一環としてパンダ・アップデートを繰り返し適用している。直近のアップデートは、我々が毎年ランキングアルゴリズムに施している500あまりの変更の1つに過ぎない」と述べている。

パンダ・アップデートは日本語、中国語、韓国語の3言語を除いた多くの言語で適用されている。今回のアップデートにこの3言語は言及されていない。


Confirmed: Google Panda 2.5 Update Arrived This Week
http://searchengineland.com/confirmed-google-panda-2-4-update-arrived-this-week-95222

#
最近の日本はパンダ・アップデート系じゃないペナルティ(欧米では随分前からNGだったものが日本語圏も対象になった)はよく見ますけど。いわゆるパンダ・アップデートに該当するかどうかはGoogleが何らかのコメント出さないと判断のしようがありませんが、別に日本の場合はパンダとか個別の事象はどうでもいいんじゃないかなという気がします。そもそも、サイト品質が重要なんて極めて当たり前のことなんですし。まぁコンテンツ良くても広告配置など別要因でランキング下がっている可能性がある点は懸念ではあります。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, SEO(検索エンジン最適化), サーチニュース 2011
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。