米Google、ウェブ検索のSSL通信をデフォルトへ、検索キーワード取得不可能に?

グーグル、検索時の通信をSSLデフォルトに。リファラ情報が取得できなくなるため、ウェブ解析に影響あり。


公開日時:2011年10月19日 11:19

米Googleは2011年10月18日、検索サービスの通信プロトコルをデフォルトでSSL(情報を暗号化して送受信するプロトコル)にすると公式ブログで発表した。

SSLプロトコルの標準化についてGoogleは、パーソナライゼーションやソーシャル検索などの登場により、ユーザーの検索体験はますます個々にカスタマイズされてきているが、この変化は同時にパーソナライズした検索結果データというプライバシーを保護することも重要になってきていると説明する。

対象は、Google.com(米国/国際版)のGoogleアカウントにログインするユーザー。本日よりリリースし、今後数週間のうちに全ユーザーに適用する。Google.comにアクセスした時にURLがhttps:// となり、ブラウザ画面のセキュア通信を示すアイコンの有無で確認可能。

SSL通信を検索サービスのデフォルトとする発表は、マーケティング担当者にとって衝撃的だ。SSL通信ではリファラ情報が相手先サイトに渡らないため、たとえばGoogleで検索をしてあるサイトに到達しても、そのサイトはGoogleからの訪問者があったことは識別できるが、検索キーワードを知ることはできない。

なお、影響範囲についてSearch Engine Land を運営するDanny Sullivan氏がGoogleのMatt Cutts氏に尋ねたところ、数%にしか影響しないと説明したという。しかしウェブ上ではその発言に懐疑的なユーザーも少なくない。

#
https 通信時、Google検索結果をクリックすると http:// ~に1回リダイレクトされて目的ページに到達するが、そのリダイレクトの過程で Googleがキーワード情報を削除するためにリファラが取得出来ないことが判明した。





記事カテゴリ:サーチニュース 2011
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。