米Google、ウェブ検索結果に著者のGoogle+情報を表示開始

Google検索結果により多くのGoogle+情報を追加したのが今回の変更ポイント。


公開日時:2011年10月29日 06:34

米Googleは2011年10月28日、ウェブ検索結果に表示するサイトの運営者(著者名)情報の表示に関する変更を行った。

rel=author タグを利用してGoogle Profileとサイトを紐づけることにより、検索結果の自身のサイトの左側にプロフィールに掲載した写真を表示させることができる。今回、著者名に加えて、その著作者の (1) Google+でフォロー(サークルに追加)されている数、(2) Google+に追加するボタン、(3) 該当ページへ寄せられたGoogle+を通じたコメントへのリンク、以上3つが検索結果に表示されるようになった。


Improving the look of authorship in your search results
http://insidesearch.blogspot.com/2011/10/improving-look-of-authorship-in-your.html





記事カテゴリ:サーチニュース 2011
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。