ネイバー、百科事典サービス「NAVER知識百科」を公開

ネイバージャパン、検索サイトNAVERに百科事典を追加。無料でブリタニカ国際大百科事典などが検索可能。


公開日時:2011年12月05日 05:11

インターネット検索サービス「NAVER(ネイバー)」)を運営するネイバージャパン株式会社は2011年11月30日、無料オンライン百科事典サービス「NAVER知識百科」を公開した。NAVERの基本検索機能である「統合検索」(www.naver.jp)から利用可能。

「NAVER知識百科」では、高い学術性と信頼性を持つ世界でも著名な百科事典である「ブリタニカ国際大百科事典」や世界各国・各分野の最新の動きを記録した「ブリタニカ国際年鑑」に加えて、フランス国立博物館連合などを通じてライセンス取得した美術作品情報を統合した総計約16万件の項目を収録。人名・地名・医学・文学・植物・経済など、日常・実用的な事柄から教育・学問的分野まで幅広く網羅しているという。

インターネットでの百科事典としては「wikipedia」が有名だが、ユーザー作成型のため曖昧な情報が含まれている場合もある。NAVER知識百科は正確な情報という点で優れる。ネイバージャパンでは、NAVER知識百科を追加することで、ユーザーの検索意図に最適化した情報を表示する「正解型検索」を強化していく。

NAVER、無料オンライン百科事典サービス「NAVER知識百科」を公開約16万件の信頼性の高い辞典コンテンツを反映し、正解型検索を強化
http://corp.naver.jp/press/press_detail?docId=657

“正解型検索”を強化する「NAVER知識百科」約16万件の辞典データベースから信頼性の高い情報を見やすく表示
http://naverland.naver.jp/?p=6068





記事カテゴリ:サーチニュース 2011
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。