米Google、スマートフォンサイト専用のクローラを発表 Googlebot-Mobile

グーグル、スマートフォンサイトのクローリングを目的とした新しいgooglebotクローラ発表。


公開日時:2011年12月16日 00:39

米Googleは2011年12月15日、スマートフォンサイトのコンテンツをクローリング(巡回)することを目的としたスマートフォン版Googlebot-Mobileクローラを発表した。スマートフォンユーザーの増加とともに急増するスマートフォン向けにデザインされたサイトコンテンツに対応する狙い。

Feature phones Googlebot-Mobile: SAMSUNG-SGH-E250/1.0 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1 UP.Browser/6.2.3.3.c.1.101 (GUI) MMP/2.0 (compatible; Googlebot-Mobile/2.1; +http://www.google.com/bot.html) DoCoMo/2.0 N905i(c100;TB;W24H16) (compatible; Googlebot-Mobile/2.1; +http://www.google.com/bot.html)


Smartphone Googlebot-Mobile:
Mozilla/5.0 (iPhone; U; CPU iPhone OS 4_1 like Mac OS X; en-us) AppleWebKit/532.9 (KHTML, like Gecko) Version/4.0.5 Mobile/8B117 Safari/6531.22.7 (compatible; Googlebot-Mobile/2.1; +http://www.google.com/bot.html)

発表されたクローラはUser-Agentにスマートフォンであることを示す iPhone OSのUser-Agentを持つ。このクローラで収集された情報は、モバイル検索のユーザーエクスペリエンス向上のために利用される。

新機能としてSkip Redirect for Smartphone-Optimized Pagesもローンチした。検索結果のリンクをクリックした際にスマートフォンユーザーを自動的にスマートフォン向けサイトにリダイレクトするURLを発見した場合、検索結果に表示するURLをそのスマートフォン向けサイトのURL(リダイレクト後の最終着地URL)に変更する。リダイレクトの転送時間を省くことでユーザーがランディングページに到達するまでの時間を短縮する。

Googleはウェブサイト運営者に対し、このgooglebotはスマートフォンサイトをクローリングすることを目的とするため、ユーザーのアクセスと同等に扱うよう求めている。


Introducing smartphone Googlebot-Mobile
http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2011/12/introducing-smartphone-googlebot-mobile.html
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.com/2011/12/googlebot-mobile.html


#
今年になってテスト的に運用されてきたスマートフォンサイト巡回用のgooglebotがようやく正式リリースということです。スマホユーザーが増加し、スマホサイトも増えてきたのですからそれをクローリングしようとすることは当然ですね、ようやく、といったところでしょうか。

ウェブサイト運営者側は、特に変なことをしようとせずに、ユーザーと同等に(googlebotをスマホユーザーとみなすということ)扱えば良いです。「PCコンテンツ見せた方がいいですか?」という質問を頂くことがありますが、その必要はなし。PCコンテンツを見せる意味がわかりません。なお、従来型携帯電話向けおよびスマートフォン向けの両方のサイトを運営しているウェブマスターの方は、今一度User-Agentの振り分けを確認しましょう。

話は変わりますが、どこかの広告代理店でしょうか、スマートフォン専用の検索エンジンが登場するとかの話をしているそうですが、もうちょっと検索技術や市場の動向を踏まえた上で発言したらいかがでしょう、周りが迷惑です、といいたくなります。

ユーザーはコンテンツを探したいのであって、フォーマットを探したいのではないのです、ただし、スマートフォンというユーザインターフェースやそのデバイスが持つ機能を考慮したら、優れたUXを提供するために行うべきことは行われていくのでしょう。たとえばタッチスクリーンに最適化したSERPや音声検索、カメラ機能を用いた検索などね(もう出ちゃったけど)。

以上、最近「スマートフォンサイトのSEOどうしたらいいですか?」という質問が増えてきましたので、その大前提として。きっと市場全体をマクロで捉えておくと、スマホと検索の関係はスッキリ見えてくると思います。ケータイ(従来型携帯電話向けサイト)検索と同等にスマートフォン検索を考えてしまいたいその思考、とても理解できます。しかし両者は似ているようで全く異なる背景・事情を抱えているのです

まぁ、スマートフォンサイトは検索エンジンに対して何もしなくていいか、というわけではありません。スマートフォンサイトとPCサイトの関係性を検索エンジンに伝えてあげる必要があります。





記事カテゴリ:サーチニュース 2011, モバイル検索


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google モバイルファーストインデックスのやさしい解説 (1) 何が発表されたの?
Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?
スマホの音声認識、米国ユーザーの70%が満足、テキスト入力が3倍速いとの調査結果も
Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か
[訂正版] Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ
Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示
[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表
ペンギンアップデートはリンク発信元ページを評価する(Google、Gary Illyes氏)
Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表
Bing App、AMPサポートを開始
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。