米Yahoo!、パーソナルな閲覧体験を提供するC.O.R.E.技術を紹介

米ヤフー、同社サイトの訪問者へのパーソナルなコンテンツ提供を支える技術・C.O.R.E.(Content Optimization and Relevance Engine)を紹介。属性情報に基づいて閲覧数が多いコンテンツを視覚的に表示するツールも公開した。


公開日時:2012年02月16日 18:28

米Yahoo!は2012年2月10日、同社サイト(yahoo.com)を訪問するユーザーの興味嗜好をリアルタイムに視覚的に表示する新しいウェブページ(http://www.visualize.yahoo.com/core/)を公開した。

同日Yahoo!ウェブサイトを訪問した訪問者数をリアルタイムに計測するほか、性別や年代毎に最近よく閲覧されたコンテンツを紹介している。たとえば、スポーツに興味がある18歳-24歳の女性が最もよく閲覧したニュース記事は "Hairstyles that guys love and hate" であったり、あるいはニューヨーク市在住のユーザーに最も閲覧された記事は "Former ‘Home Alone’ star’s startling new look" であるといった具合だ。

Yahoo!はこのように年代や性別、居住地、性別などの訪問者の属性情報に基づき、個々のユーザーにパーソナルなコンテンツ視聴・閲覧体験の提供を試みている。同社のパーソナライゼーション担当バイスプレジデント・Mike Kerns氏によると、コンテンツを1,300万通りの組み合わせでユーザーにパーソナルなコンテンツを届けている。これを支えるのが同社のYahoo! Labs が数年前に開発した C.O.R.E. テクノロジーだ。C.O.R.E. はContent Optimization and Relevance Engine の頭文字をとって名付けられた。

C.O.R.E.はYahoo!のすべてのサービスのパーソナライゼーション及びオプティマイゼーションを実行する技術で、ユーザーの属性情報ごとに最も適切なコンテンツを選択する。具体的には、Yahoo!のエディターが重要な、あるいは関心を集めそうなコンテンツ情報を集めると、C.O.R.E.のアルゴリズムが訪問者毎にどのコンテンツを、どの順番で表示するかを決定する。同時に、エンゲージメントを深めるために、ページ上に表示すべきニュース記事のカテゴリ(技術、健康、ファイナンス等など)も決定する。ただし、すべてをC.O.R.E.に任せるわけではなく、例えば「ビン・ラディン死亡」といったニュースのように、全ての訪問者が関心を持つであろうニュースがあった場合はC.O.R.E.アルゴリズムの決定を上書きし、最優先で当該記事を表示するようにしている。

つまりYahoo!は同社のエディターの力と、技術の決所であるC.O.R.E.テクノロジーの組み合わせによって訪問者へのパーソナル体験を実現している、ということになる。

2008年のC.O.R.E. 導入後、Yahoo! Today Module のクリック数は導入前の400%増加したとのことだ。

Yahoo! C.O.R.E.
http://www.visualize.yahoo.com/core/

C.O.R.E Visualization Overview
http://www.flickr.com/photos/visualizeyahoo/6768079437/

What Makes You Click?
http://ycorpblog.com/2012/02/09/what-makes-you-click/





記事カテゴリ:Yahoo!検索 / YST, サーチニュース 2012
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。