Yahoo!検索、パーソナライズ検索を試験導入 ただし影響は限定的

ヤフーが一部のユーザーを対象にパーソナライズ検索を実施か。ただし極めて限定的なパーソナライゼーションとなっている(2012年2月20日時点)。


公開日時:2012年02月20日 23:20

Yahoo! JAPAN の検索サービスにおいて2012年2月中旬より一部のユーザーを対象としたパーソナライズ検索を試験的に導入している模様だ。一部のPCで確認できたほか、Twitterなどで同様の報告をしているユーザーもいる。

対象はオーガニック検索。ただし現時点で確認できたところではパーソナライゼーションは極めて限定的だ。数年前からパーソナライズ検索を導入するGoogleの場合、検索結果の各リンクの順位が全体的に変化するうえ、過去の検索閲覧履歴によっては数十位の単位でランキングが変わるリンクもある。対する Yahoo!検索の場合、通常の検索結果と比較して、「特定のページ」(1URL)が検索結果の上位に上がってくるだけで、その他の順位は変化が見られない。つまり、パーソナライズというよりも、通常のオーガニック検索に1つの特定URLを検索上位の付近に差し込んでいる、という表現が適切だ。

全てのユーザーが対象になっているわけではなく、また(本テストの)対象者の検索結果においても、全てのキーワードでこうした検索結果の個別化が確認できたわけでもない。

検索結果のパーソナライゼーション自体はGoogleが数年前から実施していることであり、特に目新しいことでもなければ検索マーケティング担当者が特別な対応を求められるわけでもない。パーソナライズ検索導入時によく指摘される「検索順位の重要性の低下」も今に始まった話でもない。

現時点では、指標としてのランキング計測時に、"目の前のランキングは、自分用にカスタマイズされているかもしれない"という認識を持っておく程度だろうか。


#
数日前からTwitterなどでYahoo!検索がパーソナライズを導入したのではないかという指摘がありましたので調査しました。「パーソナライズ」と指摘している方々が誰も詳細に触れていなかったので順位状況を調査しました。というか、私のPCは対象ではなかったので、対象者だった社内の皆様にお願いして検索結果をチェックしていただきました。結果、特定のURLがブーストされているだけで他のページの順位が変わっていないので、パーソナライズ検索ではあるのですが極めて軽微なものかと思います。FacebookによるBingのパーソナライズみたいな感じ(オーガニック検索に特定URLを差し込む形式)。今後どうするか知りませんけど。

こういう変化があるたびに「今後のSEOが変わる可能性がある」とか言っちゃう方もいるのですが、別に変わらないのですよ。「検索結果が人によって違う」って、Y!Jも以前から位置情報で検索結果変えてるんだし、Googleもずっと前からパーソナライズ検索導入済み。

いま何かが変わると思うなら、まず変えなければいけないのはそういう思考をするあなたの検索エンジンやSEOに対する理解や認識。





記事カテゴリ:Yahoo!検索 / YST, サーチニュース 2012
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。