米Google、ガイドライン違反の警告メッセージの送付対象を拡大、ブラックハットSEOにも

グーグルがより広範囲なウェブマスターへガイドライン違反の通知送付を実施。リンクスパム以外への指摘も増加。


公開日時:2012年04月03日 05:12

米Googleがウェブマスター向けガイドラインに違反しているサイトに送付する警告メッセージについて、その対象範囲と種類を拡大した模様だ。同社スポークスマンが明らかにした。

ガイドライン違反サイトへの通知条件及びその対象範囲が変更される。第1に、これまで同社は故意に検索エンジンスパムを実行するサイトへの事前通知は行わない方針だったがこれを変更、ブラックハットSEOに対してもガイドライン違反時にはメッセージを送付することとした。第2に、ガイドライン違反通知時のメッセージの種類を拡大し、リンクスパム以外の様々な手法に対しても指摘を行うように変更した。

米国では先月、Authority Link NetworkやBuildMyRankなど複数のブログリンクネットワークがGoogleからインデックス削除などのきついペナルティを受けたことでスパムリンクの取り締まりが強化されたのではとの憶測も一部あった。しかし、Googleからウェブマスターへのメッセージ通知が増えているのはリンクスパムの取り締まりを強化したのではなく、上記の通り対象範囲の拡大によるもの、ということだ。日本では既報の通り、2011年夏以降にリンクスパムへの警告メッセージが増加している

The majority of the increase in messages to webmasters is not due to messages about links. Rather, Google recently started sending messages to sites even for egregious or “blackhat” violations of our quality guidelines. The vast majority of the increase in messages is thus due to expanding the types of messages we send, not because of more warnings about links. [Google Spokesman, Google Sending Warnings About “Artificial” Or “Unnatural” Links, SearchEngineLand]

[追記] スポークスマンが述べた後半の文章のことをすっかり忘れていましたので、

It is true that actions on link networks have been more visible lately, but there’s an important disclaimer to that. Google has been able to trace and take action on many types of link networks; we recently decided to make that action more visible. In the past, some links might have been silently distrusted or might not have carried as much weight. More recently, we’ve been surfacing the fact that those links aren’t helping to improve ranking or indexing. [Google Spokesman, Google Sending Warnings About “Artificial” Or “Unnatural” Links, SearchEngineLand]

リンクネットワーク(などのスパムリンク)に対するアクションを透明化し、そうしたリンクがインデクシングやランキングに貢献していないという事実を明らかにしていきますよ、ということです。

事実を突きつけられなければ理解できないサイト運営者が多いので、いいんじゃないでしょうか。

cf.
SEO:Google、ペナルティの仕組みと解除方法について解説





記事カテゴリ:Google 2010-2014, SEO(検索エンジン最適化), サーチニュース 2012





最新の検索エンジンニュース

新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Yahoo!検索、検索広告枠の背景色を白に変更
Flash使用ページに対するスマホ検索結果での警告表示、非英語圏にも拡大
グーグル、「モバイルユーザビリティ」レポートを提供開始、ウェブマスターツールから利用可能
共起語なんて概念は捨ててしまえ 時代遅れのSEO
米グルーポン、Yelp対抗の新サービス「Groupon Pages」を開始、SEOも考慮
独メディア、Google に「降伏」 検索結果に再び抜粋を表示するよう要請
Google、検索結果にドイツWebメディアの抜粋表示を停止、民事訴訟受けて
SEO は長期的に取り組むソリューションである
【公式】グーグル、JavaScript、CSS、画像ファイルへの Googlebot アクセスを推奨
作成したコンテンツの最適な配信時期と時間を考える
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。