米Google, Adwords広告とGoogle Trusted Storesを連携したテストを開始

グーグルがAdWords検索広告内にオンラインショップの納期や顧客対応品質を認定した情報を表示するテストを開始。Google Trusted Storesプログラムの延長。


公開日時:2012年04月29日 23:38

米Googleは2012年4月18日、検索広告内でGoogle Trusted Storesプログラムの情報を表示するテストを開始した。

Google Trusted Storesプログラムは2011年10月からパイロットプログラムとして開始したもの。納期スピードと顧客サポートにおいてGoogleが定める水準を満たしたオンラインショップがプログラムに参加できる。ショップはGoogleからお墨付きを得られたことを示すバッジをウェブページに掲載することで安心感を与えることができ、同時に顧客側もGoogle認定のショップで安心してショッピングを楽しむことができる。Googleコマースチーム担当グループプロダクトマネジャー・Tom Fallows氏によると、すでに数百のショップが参加しているとのことだ。

今回始まったテストは、AdWords広告上にGoogle Trusted Storesのバッジを掲載する形式や、そのショップの納期やサービス品質の優秀さを伝える情報を併記する形式など、様々な方法によるトライアルが実施されており、効果があるものを選定している段階とのことだ。

Google might include customer service endorsements inside paid search ads
http://www.internetretailer.com/2012/04/18/google-might-include-retail-endorsements-search-ads





記事カテゴリ:サーチニュース 2012





最新の検索エンジンニュース

新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
ベニスアップデートでますます変わる「検索順位」指標の意味と役割
2015年 SEO業界 予測と展望
「お客様の声」にレビューのリッチスニペットを適用してはいけない
Yahoo! Directory が一足早く閉鎖、Yahoo! Small Business ロゴへ
米Google、楽曲の歌詞を検索結果ページに直接表示、Google Play へ誘導も
Google、ピジョンアップデートを世界各国の英語版検索に適用
2014年総括 Google 検索アルゴリズムのアップデートまとめ
アイレップ、2014年 SEM10大ニュースを発表 「忘れられる権利」など
ベニスアップデートとピジョンアップデートの違い
米Yahoo!、ローカル検索の新興企業・Zofari買収を発表
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。