モバイル(スマホ)サイトとリダイレクトポリシー

リダイレクトポリシーとそのポリシーによるGoogleランキングへの影響について。


公開日時:2012年06月29日 22:03

米Googleが公開しているスマートフォン(検索への)最適化ガイドに、リダイレクトポリシーと Googlebot の処理についての記述が掲載されている(英語版のみ)。

リダイレクトポリシーは、ウェブサイトにより一方向リダイレクト(Unidirectional redirects)を採用しているケースと、双方向リダイレクト(Bidirectional redirects)を採用しているケースが考えられる。

(以下、デスクトップ向けサイト www.example.com、モバイル向けサイト m.example.com と両バージョンが異なるURLで管理されている場合を想定して話を進める)

一方向リダイレクト

一方向リダイレクトとは、モバイルユーザーがデスクトップ版にアクセスしてきた場合にモバイル版にリダイレクトする処理だけをしている転送処理方法を指す。つまり、デスクトップ版からモバイル版へのリダイレクトは発生しうるが、その逆、モバイル版からデスクトップ版へのリダイレクトは発生しないということだ。

双方向リダイレクト

一方の双方向リダイレクトとは、モバイルユーザーがデスクトップ版にアクセスしてきた場合、また逆にデスクトップユーザーがモバイル版にアクセスしてきた場合、いずれも互いに対応するバージョンのサイトへ転送させる処理方針を指す。

ウェブマスターによって各々の考え方やポリシー、ユーザーエクスペリエンスのあり方に対する意見があるわけで、ある人はデバイスにあわせたコンテンツを訪問してほしいことを強く望むだろうし、またある人は、デバイス性能や回線速度に一定の制約が課せられているであろうモバイルデバイスのみ配慮したいと考えることもあるだろう。

これを踏まえて、Googleは特に、Googlebot として優先処理や推奨といったものはないとのことだ。つまり、いずれか一方のポリシーを採用した方が検索結果ランキングで優位になるということはない。ただ、同時にGoogleは、ユーザーが選択することで、そのポリシーよりも優先して閲覧したいバージョンを選択させることは(ユーザーエクスペリエンスの観点から)勧めている。たとえば、スマートフォンからアクセスした時に強制的にスマホ版に転送させるサイトがあるが、スマホから普段見慣れたPC版を見たいと考えるユーザーもいるはずだからだ。

For Googlebot, we do not have any preference and recommend that webmasters consider their users when deciding on their redirection policy. The most important thing is to serve correct and consistent redirects, i.e. redirect to the equivalent content on the desktop or mobile site. If your configuration is wrong, some users may not be able to see your content at all. [Building Smartphone-Optimized Websites]




記事カテゴリ:サーチニュース 2012, モバイル検索
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Googleマイビジネス、レビュー投稿ガイドラインを更新、レビューの選別や誘導を禁止
Googleモバイル検索が仕様変更、無限スクロール採用
グーグル、モバイルファーストインデックスへの移行を発表
グーグル、ダイレクトアンサーで「検索結果を表示しない」試験を中止
被写体の関連情報を表示する Google Lens が Android で利用可能に
Google、数週間内にも多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行
Google、画像検索結果の一部機能を廃止
Google検索、直接ホテル予約が可能に
Google、12月中旬の順位変動は日常的なアルゴリズム改良の一環と説明 業界では マカビーアップデート と命名も
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。