フルスピード、ディレクトリ登録サービス「プロバイダーリンク」の運営主体に

フリービットのディレクトリ登録審査サービス「プロバイダーリンク」の運営主体がフルスピードに。同社のSEOの知見をディレクトリーサービス事業に活用。


公開日時:2012年08月01日 15:55

株式会社フルスピードは2012年8月1日、株式会社フリービットからディレクトリ登録サービス「プロバイダーリンク」を2012年8月1日付でサービス移管する契約を締結したと発表した。

プロバイダーリンクは、フリービットの全国300社を超えるISPパートナーと連携させたディレクトリ登録サービス。ISPパートナー各社のサイトにディレクトリを掲載、そこから顧客企業サイトへのリンクを張ることにより、Google などの検索エンジンがランキングを決定する際の指標とするリンクを大量に獲得できる点をアピールしている。特にフリービットが提携関係にあるISPはインターネット草創期から運営されている老舗サイトが多く、こうしたサイトからのリンクは信頼性が高くドメインパワーも強いとフルスピードは説明している。

今回、プロバイダーリンクの運営主体をフルスピードに変更することで、国内トップレベルというSEOの高度ノウハウを活用して設置ページのコンテンツの拡充やリンク設置の仕組みの改善するほか、ISPのサイト以外の掲載先についても拡充をしていく方針。


#
プロバイダーリンク系のディレクトリサイトを見ると、Google にインデックスされていないものも多数ありますし、どう見ても評価されていないだろうリンクもたくさんあります。フルスピードさんのいう"国内トップレベルのSEOノウハウ"でどれだけ改善していくことができるでしょうか。





記事カテゴリ:サーチニュース 2012
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。