グーグル、検索結果に Google+ページと最新投稿の表示を開始

グーグル(日本語版)、通常検索結果に Google+ページへのリンクや最新ポストを表示。


公開日時:2012年11月12日 23:40

グーグルが、キーワードと一致・関連するGoogle+ページへのリンクや、Google+への最新の投稿を検索結果の右側に表示していることが確認された。英語(米国)版ですでに導入されている機能と同等のもので、日本語版にも実装されたようだ。

「ナショナルジオグラフィック」や「Google」「searchengineland」「ECナビ」「グルーポンジャパン」「タワーレコード」「カップヌードル」「週刊アスキー」「H.I.S.(エイチアイエス)」などのキーワードで確認できる。たとえば「カップヌードル」で検索すると、検索結果の右側(通常、アドワーズ広告が表示されるエリア)に、カップヌードル公式Google+ページという案内と紹介文や現在のフォロワー数、さらに最近Google+に投稿されたポストを数件表示する。検索結果画面から直接、Google+ページをサークルに追加することも可能だ。

ざっと調査したところ、Google+ページの活動が積極的だからといって必ずしも表示されるわけではないようだ。

Google+紹介ページ
http://www.google.com/intl/ja/+/learnmore/

Google+ ページ
http://www.google.com/intl/ja/+/business/


#
検索サービスとの融合は最初から予想されていたことで、だから米国ではソーシャルサーチ系のところで今後のSEOの見通しとしてGoogle+の重要性を提唱する方は多い。それは間違ってはいないんだけど、ゴーストタウンみたいになってるGoogle+を、マーケティングとしてきちんと機能させつつ検索トラフィック獲得のために活用しようとするとなかなか難しいわけです。なお、情報提供者は辻大先生でした。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, サーチニュース 2012
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Googleマイビジネス、レビュー投稿ガイドラインを更新、レビューの選別や誘導を禁止
Googleモバイル検索が仕様変更、無限スクロール採用
グーグル、モバイルファーストインデックスへの移行を発表
グーグル、ダイレクトアンサーで「検索結果を表示しない」試験を中止
被写体の関連情報を表示する Google Lens が Android で利用可能に
Google、数週間内にも多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行
Google、画像検索結果の一部機能を廃止
Google検索、直接ホテル予約が可能に
Google、12月中旬の順位変動は日常的なアルゴリズム改良の一環と説明 業界では マカビーアップデート と命名も
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。