米Google、タブレット対応サイトSEOのアドバイスを公開

米グーグル、タブレット対応サイトを検索エンジンとユーザーフレンドリーにするためのアドバイスを公式ブログに掲載。


公開日時:2012年11月13日 02:29

米Googleは2012年11月12日、検索エンジンとユーザーエクスペリエンスを考慮したタブレット対応サイトの構築方法についてアドバイスを公式ブログに掲載した。

同社はまず、「検索エンジンフレンドリーなタブレット対応サイトを構築するための具体的なアドバイスはない」と明確な断りを入れた上で、ユーザーをもてなすためのいくつかの提言を掲載している。6月に公開されたスマートフォン対応サイトと検索エンジンの親和性を高める方法に準拠している [参考:スマートフォン向けサイトを検索エンジンに最適化するためのポイント]。

Googleが紹介するアドバイスのポイントは次の通り。

  1. タブレットユーザーのデバイス特性と、ユーザーがサイトに期待している事柄をよく考えること。タブレット端末は大きなスクリーンを持ち、Wi-Fiでインターネット接続をしており、デスクトップPC同様の豊かなブラウジングを体験できる。つまり、タブレット端末に最適化したコンテンツを用意していないのであれば、ユーザーはスマートフォン版よりもデスクトップ版を閲覧することを望んでいる。
  2. レスポンシブWebデザインを採用する場合は、様々なタブレット端末でテストを行い、適切に動作しているか確認をすること。市場には様々なサイズのスクリーンを持った端末が流通している。
  3. デバイスごとに最適化したウェブサイトを個別に(個別のURLで)提供している場合は、リダイレクト設定に注意すること。タブレットユーザーをスマホ版サイトにリダイレクトしてはいけない。
  4. Android OS搭載端末のスマホとタブレットの区別の方法。Android OS搭載端末では、タブレットとスマートフォンをUser-Agentを用いて区別するのは簡単だ。両端末ともにUAに"Android"文字列が含まれているが、スマホ端末のUAだけは"Mobile"という文字列も同時に含んでいる。
    つまり、Android端末で"Mobile"が含まれていないUAはタブレット端末または(スマホより)大きなスクリーンを持つ端末だと識別することができる。


Giving Tablet Users the Full-Sized Web [Google Webmaster Central Blog]
http://googlewebmastercentral.blogspot.jp/2012/11/giving-tablet-users-full-sized-web.html

#
検索技術(インデクシングやランキング)の観点からは、デバイスごとに最適化されたサイトは単なる『(デスクトップサイトの)バージョン違い』として捉え、それらまとめて1つの情報実体(entity)として扱いたいと考えるわけです。検索ユーザーは、関連する情報を入手したいのであってレイアウトを求めているわけではありませんし、ユーザーエクスペリエンスの問題は、検索結果のリンクがクリックされた時に使用された端末に基づいて適切なバージョンに自動的に誘導してあげることで解決できるからです。だからGoogleはリダイレクトスキップ機能を提供したり、一部のユーザー向けにスマホ検索結果にスマホアイコンを表示して、ユーザーに情報選択権を与えるといった試みをしています。

そんな背景があるので、GoogleはよくレスポンシブWebデザインをプッシュしてくるのですが、これは検索的には良いのかもしれませんがユーザーエクスペリエンス的には必ずしも正解とは言えません。ad:tech tokyo 2012で話しました通り、いつ、どこで、どのデバイスで検索をして訪問してきたのかによって、(同じ検索キーワードであっても)インテントが異なることがあるからです。イメージしやすい例を挙げると「バーガーキング」と検索して来訪する、デスクトップユーザーとスマホユーザーは同じ検索インテントだろうか、「クリネックススタジアム」と検索するモバイルユーザーは、デスクトップ(の検索)ユーザーと同じインテントだろうか、という話です。なんか違いそうに思いませんか。

Googleは検索技術的な観点からのレスポンシブWebデザインは説明しているのですが、ユーザーエクスペリエンスの観点からは特にまだコメントしていないんですよね。そのあたり尋ねたらGoogleはどう回答するのでしょうか。


cf.
[ad:tech tokyo 2012] 検索マーケティングとスマホのお話

【ad:tech東京2012レポート(6)】多様化の時代においてマーケティングに求められる「本質」とは? [マイナビニュース]

最新SEMは複数デバイスを横断するユーザーへの意識が必須 [CNET Japan]





記事カテゴリ:Google 2010-2019, サーチニュース 2012
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。