米Google、構造化データを手軽に扱える「データハイライター」を提供開始

サイトのHTMLに手を加えずに構造化データを Google に渡すことができる新ツール「データハイライター」が公開される。


公開日時:2012年12月13日 03:49

米Googleは2012年12月12日、ウェブサイトの構造化データを手軽に扱えるようにするための新機能「データハイライター」(Data Highlighter)を公開した。現時点で英語のみで、”イベント”関連の構造化データのみに対応する。

Googleは現在、検索利用者にリッチスニペットなど優れた検索結果を提供する為に、構造化データ(structured data)を積極的に活用している。しかしウェブマスターにとっての大きなハードルは、構造化データを Google に提供する為には自身が運営するサイトのHTMLコードに手を加える必要があった点だ。

データハイライターは、HTMLの変更なしに Google にデータ構造を提供するためのブラウザから利用するツール。使い方は簡単で、マウスを使って自分のウェブサイトのコンテンツを選択して、タグ付けをするだけ。利用者のタグ付けに従って Google が自動学習し、ページのデータ構造を理解していくため、利用者は5~10個のタグ付けを手動で行えば、その他のデータ構造はおおよそ Google が自動的に認識できるという。

Introduction to Data Highlighter

作業が終わったら、その構造化データを Google に送信する。以後、Google はそれを活用してリッチスニペットなどに対応していくとのことだ。クロールされた内容は、構造化データダッシュボードで確認することができる。

なお、先に触れた通りデータハイライターは現時点(12月12日)で言語は英語のみ、対応するデータ構造はスポーツやコンサート、フェスティバルなどのイベントのみとなっている。他の言語やデータ構造には今後数ヶ月で順次対応していく計画。


Introducing Data Highlighter for event data
http://googlewebmastercentral.blogspot.jp/2012/12/introducing-data-highlighter-for-event.html

About Data Highlighter
http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=en&answer=2692911

データハイライターについて
http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=2692911



こうやって導入ハードルさげていかないと本格的に普及しませんからね。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, サーチニュース 2012
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。