【ローカルSEO】[1] ローカルSEOの概要

ローカルSEOの基礎知識。第1回は、おおまかな概要。


公開日時:2013年01月28日 18:58

ローカルSEOとは

2007年5月にリリースされたGoogleユニバーサル検索は、通常ウェブ検索結果(オーガニック検索)に、ウェブページだけでなく、画像やニュース、動画、地図、地域情報など、クエリに適合する様々な情報を混在表示する検索サービスです(一般的には blended search ですが本稿では Google の呼称にあわせてユニバーサル検索とします)。

このタイミングにあわせて検索結果で目に触れる機会が年々増加してきたコンテンツの1つが、地図と地域(ローカル)情報です。当初は、検索クエリに市町村名など特定エリアを意図するクエリ文字列が含まれている場合にのみ地図や地域情報が表示されていましたが、2009年4月以降は位置情報を自動的に判定して、ローカルインテントを持つ検索クエリの時には自動的に地域情報を表示するようになりました。

特に近年は、スマートフォン(以下、スマホ)の普及と同デバイスからの検索数増加に伴い、ローカル検索結果がより多くのユーザーの目に触れるようになりました。スマホ検索利用者はもともとエリアに関連する検索を行う傾向が高いために、スマホ検索結果ではファーストビュー(above the fold)にローカル検索結果を表示する傾向が強いことが要因として挙げられます。さらに、スマホは GPS や Wi-Fi を活用して利用者の現在位置情報をより精緻に判定できることから、PCからの検索時よりもはるかに高い頻度で、より関連性の高い、タイムリーなローカル検索結果が表示されるようになっています。

そこで、物理的拠点を持ち、実店舗や施設で物品販売やサービスを提供する企業にとって、ローカル検索の重要性は高まりつつあります。取り扱う商品やサービスに関連するキーワードで検索された時に、検索を通じて該当する最寄の店舗・施設情報を提供することにより、利用や来訪を促すことが可能となります。

ローカルSEOは、このローカル検索結果において、商圏範囲内から関連するキーワードで検索された際に、最寄りの店舗や施設情報が表示されるように、情報を最適化するための施策です。


通常のSEO + αが必要なローカルSEO

ローカルSEOは、いわゆる一般的に行われるSEOの各種施策 - 『オンラインで発信した情報が、それを必要とするユーザーに検索を通じて届けられるようにするための技術』 - に加えて、+αの施策が必要となります。具体的には、(1) サイテーションとNAP マネジメント、(2) Google+Local page の掲載と管理 (3) レビュー、(4) エリア情報の明示、が挙げられます。

  • NAPマネジメント:NAP とは、N = Name = 名称(企業名、施設名、店舗名など)、A = Address = 住所、P = Phone = 電話番号の略です。ローカル検索の検索最適化において、この NAP 情報の正確性、一貫性を担保することは最も重要といえます。
  • Google+ Local pages:Googleプロダクトの変更・統合により名前がコロコロと変わっていますが、本稿ではとりあえず "Google+ Local page" としています。以前の Googleプレイスに相当するもので、企業や店舗の Google+ 上に開設するページのことを指します。Googleローカル検索は、Google+ Local pages のデータを元にサイテーションを集約していったり、同ページに投稿されるレビュー情報などをランキングに活用しますので、Google+Local pages の管理も重要となります。
  • レビュー:先に言及した、Google+Local pages のレビューや、他のローカルディレクトリ系(Yelp, TripAdvisor, 食べログなど)のレビュー情報を参照してランキングに活用します。
  • エリア情報の明示:運営するウェブサイトのエリア情報を明示します。たとえば、ビジネス情報をウェブページに明記する、タイトル内にエリア情報を入れる、等です。※ ローカル検索やローカルSEOに対する認識が低い日本向けに、この項目を追加しています。一般的にはあえて項目としてここに含めるべきものではありません。

NAPの管理が最重要

とりわけ NAP 情報の管理が最重要です。これはローカル検索のランキング時に最も重要な要因でありながら、もっとも正確性や一貫性の確保が難しいものでもあるからです。自社のビジネス名+住所+電話番号のセットとなる NAP を、きちんと決定・統一して、それをオンラインで使っていかなければなりません。





記事カテゴリ:サーチニュース 2013, ローカル検索


他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google モバイルファーストインデックスのやさしい解説 (1) 何が発表されたの?
Google、モバイルファーストインデックスを公式発表、SEO への影響は?
スマホの音声認識、米国ユーザーの70%が満足、テキスト入力が3倍速いとの調査結果も
Yahoo! 検索、検索結果右側のテキスト広告を廃止か
[訂正版] Google、モバイルファーストインデックスを導入、モバイルサイトを基準とした評価へ
Google News、事実確認できた記事に Fact check ラベルを表示
[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表
ペンギンアップデートはリンク発信元ページを評価する(Google、Gary Illyes氏)
Google、進化したAI 採用の「Google Assitant」を発表
Bing App、AMPサポートを開始
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。