米Google、エンハンストキャンペーンを発表 - AdWordsをアップグレード

米Googleが、複数のデバイスをまたいで最適な広告を配信可能なエンハンストキャンペーン Enhanced campaigns を発表。単一のキャンペーンで、様々なデバイスや地域を対象に、最適な広告配信が可能に。


公開日時:2013年02月07日 08:53

米Googleは2013年2月6日(日本時間7日5時)、同社の広告プラットフォーム・AdWords のアップグレードを公式ブログで発表した。「Enhanced campaigns」(エンハンストキャンペーン)と呼ばれる新しい広告プラットフォームは広告主にオプションとして提供され、広告主は従来のキャンペーンとエンハンストキャンペーンを選択することができる。2013年中頃を目処に既存のすべての広告がエンハンストキャンペーンに切り替えられる予定。

Google エンハンストキャンペーンは、マルチスクリーン、マルチデバイス時代に対応した新しい広告システム。今日のユーザーは、1日のうちにパソコンやスマートフォン、タブレットなど様々なスクリーンサイズのデバイスに触れており、様々な時間に、異なる場所で検索を行っている。従来、広告主がこれらのユーザーにリーチするためには、デバイスごとにキャンペーンを複数作成したり、デバイスごとの検索行動傾向にあわせた入札や広告クリエイティブの作成、Click-to-Call の設定など、きわめて複雑な広告管理を行う必要があった。

Google エンハンストキャンペーンを利用することで、1つのキャンペーンで各種プラットフォームのターゲット設定や入札管理、広告内容を管理することが可能となる。同社によると、エンハンストキャンペーンは (1) マルチデバイス世界に対応した強力なマーケティングツール、(2) ユーザーの利用環境に応じた最適な広告の配信、(3) コンバージョン種類別の分析、といった点を新キャンペーンの利点として紹介している。

1点目は、たとえば、朝食を提供するカフェが近辺で「コーヒー」や「朝食」とスマートフォンで検索するユーザーにリーチしたい場合に、エンハンストキャンペーンの入札単価調整を設定することにより、店舗0.5マイル内で検索するユーザーには入札単価を25%アップ、午前11時以降は入札単価を20%ダウン、スマートフォン検索には50%アップ、といった具合に、価値の高い検索に指定した値ぶんだけ入札価格を調整することで目的のユーザーに広告を届けることが可能になる。

2点目については、同じキーワードながらパソコンからの検索とスマートフォンからの検索では検索意図(インテント)が異なる場合があり、本来は検索場所にあわせた広告内容を表示することが望ましい。エンハンストキャンペーンではデバイス、検索場所、時間の軸を組み合わせて1つのキャンペーンで最適な広告配信が可能になる。たとえば、実店舗とeコマースサイトの双方を持つ小売店がユーザーにリーチしたい時、スマートフォンで検索するユーザーには Click-to-call や location extensions を使った広告を表示する一方、PCで検索しているユーザーにはeコマースサイトへ誘導する広告を表示することが、1つのキャンペーン設定で可能になる。

3点目は、コンバージョンを「通話」「ダウンロード」「クロスデバイスでのコンバージョン」といった、新しいコンバージョンタイプを追跡することが可能になる。これまでは、複数のデバイスをまたがるユーザーのトラッキングは困難だったが、あらゆるデバイスの違いを意識せずに運用されるエンハンストキャンペーンではこれらの計測や比較を容易に行うことができる。

Enhancing AdWords for a constantly connected world
http://adwords.blogspot.jp/2013/02/introducing-enhanced-campaigns.html

Google AdWords Enhanced Campaigns
http://www.google.com/adwords/enhancedcampaigns/

エンハンスト キャンペーンについて
http://support.google.com/adwords/answer/2909484

Enhanced Campaigns Resources
http://www.google.com/adwords/enhancedcampaigns/resources/

マルチスクリーン化を捉えた AdWords の機能強化
http://adwords-ja.blogspot.jp/2013/02/adwords.html

エンハンスト キャンペーンのメリット
http://www.google.co.jp/intl/ALL_jp/adwords/enhancedcampaigns/

#
市場背景から見ると・・・近年、「モバイル広告のCPCがPCのそれと比べて低い」という指摘がなされていました。要は広告主がPCプラットフォームほどモバイルに広告費用を投下していないということです。これはPCと比べてモバイルのコンバージョンが低い、モバイルスクリーンに表示可能な広告数と枠・場所の問題、そもそも広告主がモバイルサイトを保有していない・・・など様々な要因がありますが、とにかくモバイルのCPCを改善することはGoogleの今後の成長戦略を描く上での課題の1つでした。パソコン市場における圧倒的な支配力を、モバイルでもどう展開していけるのか。で、今回のエンハンストキャンペーンは、デバイスの垣根を取り払うので、全体的なCPCは上昇するはずです。広告主視点で見ると・・・クロスデバイス間でコンバージョントラッキングできるのは大きい。でも色々と変更しないといけないことも多い。[随時追記していきます]





記事カテゴリ:Google 2010-2019, サーチニュース 2013
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。