米Google、スパム対策で Digg をインデックスから誤削除する事故が発生

グーグル、間違って Digg サイト全体をスパム判定、インデックスから削除してしまう事故が発生。現在は復旧済み。


公開日時:2013年03月23日 03:34

米Googleが2013年3月20日、スパム対処の手続きに誤って Digg を Google インデックスから削除してしまう事故があったことを明らかにした。

3月20日頃からソーシャルニュースサイト・Digg.com がGoogleで検索不能になった。ちょうど Digg は Google Reader のクローン開発を発表していたこともあり、様々な憶測が流れたが、単純に Google による人為的なミスだった。

Matt Cutts氏は、Digg から張られたスパムリンクを除外する過程で、誤って digg.com サイト全体に手動対策を実施した結果、検索結果から除外されてしまったという。担当エンジニアに状況を伝え、すぐに Digg が検索結果に復活した。


"We're sorry about the inconvenience this morning to people trying to search for Digg. In the process of removing a spammy submitted link on Digg.com, we inadvertently applied the webspam action to the whole site. We're correcting this, and the fix should be deployed shortly." [Google Official Statement]





記事カテゴリ:Google 2010-2019, サーチニュース 2013
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。