Facebookグラフ検索、参照キーワード情報を取得可能に

Facebookグラフ検索、URL内に参照キーワード情報を含むように変更された。マーケッターにとっては朗報か。


公開日時:2013年03月26日 03:19

米G-Squared InteractiveのGlenn Gabe氏によると、Facebook Graph Search(グラフ検索)がリファラーにキーワード情報が含まれるように変更されたという。マーケッターは今後、ウェブ解析時にFacebookグラフ検索からの訪問者が検索時に利用したキーワードを閲覧できるようになる可能性がある。

同氏によると2013年1月時点では検索結果のリンク先URLにキーワード情報は含まれていなかったそうだが、3月22日時点ではキーワードが文字列 q= 以下に含まれているとのことだ。ただし現状では、Google Analyticsなどのウェブ解析ツールは Facebook を検索エンジンとみなしていないため、解析レポートから確認できるわけではない。

I noticed that the keyword was now being passed along in the referrer!   Below is an example of a new referrer.  You can clearly see the q={keyword} being passed now. [...] As you can guess, I jumped into Google Analytics to see how this was being picked up. Since Facebook isn’t an official search engine in GA, it was still showing up as a referring site (without the keyword showing up). [Facebook Graph Search Update: Facebook Now Passing Keywords to Destination Websites, Can Track in Google Analytics]




記事カテゴリ:サーチニュース 2013
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。