米Sprint Nextel、UGCスパムが原因でGoogleから警告受ける

米通信大手・スプリントネクステルが運営するフォーラムの一部に大量のウェブスパムが書き込まれたことで、Google が同社サイトにスパム検知の旨を通知した。担当者が即座に対応し、現在は解決済みの模様。


公開日時:2013年05月21日 11:42

米国大手携帯電話事業者・Sprint Nextel(スプリント・ネクステル)が運営するコミュニティフォーラムに大量のウェブスパムが検出されたとして、米Googleが同社サイト管理者に警告通知を送付したことが明らかとなった。

米Sprint Nextelは同社のウェブサイトに、ユーザー同士で情報交換が行えるコミュニティフォーラムを運営しているが、ここに第三者がスパムの書き込みを大量に行ったことが問題視された。UGC (User-generated Content)が悪用された形で、先日のMozilla へのペナルティの事例と酷似している。今回も Google からの通知を受けて、同社担当者が Google フォーラムにアドバイスを求める書き込みを行い、他のユーザーからのアドバイスが提示された。しばらく後、米Googleのウェブスパム対策チームトップのMatt Cutts氏が同スレッドにコメントし、一部のフォーラムページにおいてスパムが行われていることを指摘している。

Hi Kent, when you see a message like this, it's a good idea to check around for various forums, bulletin boards, and community areas where users can leave comments. We typically send this message when we see a lot of spam in those areas. Rather than Google removing those pages from our index, it's usually better if you can remove the pages on your side so that they don't show up in other search engines either. I just took a quick look; try doing a Google search like [site:community.sprint.com/baw/message/ watch] to see some examples where spammers are posting a bunch of messages. I noticed that older pages with this sort of spam are mostly gone or removed--which is great. You might just look into some ways to try to catch the spam a little faster or see if there are some ways to make it a bit harder for the spammers to post a large amount of messages on the community pages. Hope that helps, Matt [Matt Cutts, Head of webspam team, Google, 20 May, 2013]


今日のGoogleは、ウェブスパムの実施状況に応じてきめ細かく対応しており、検出したスパムをページやディレクトリ単位で個々に判断している。一昔前のように、サイト内のほんの一部のエリアで酷い検索エンジンスパムが検知されたからといってドメイン全体を検索結果から削除するようなことが行われることは極めて希だ(明らかな確信犯は除く)。しかしながら、運営管理やセキュリティが脆弱なユーザー投稿・参加型サイトは、検索順位を操作する”安全な”リンクの発信源として悪意あるスパマーたちの標的になりかねないので、こうしたタイプのサイトを運営している企業やその担当者は、サイトの状態を常に監視しておいた方が良いだろう。


cf.
米Google、Mozilla公式サイトに手動対策を実施 - ただし1ページのみ
http://www.sem-r.com/google-2010/20130424231036.html

#
人の気配が全く感じられない、放置されたユーザー投稿可能なフォーラムって結構ありますよね。こうした場所のあらゆるページに大量の不適切なリンクが設置されたりすると、Google の対応はまた違うと思うのです。今回のスプリントやMozilla のケースは、フォーラム自体は機能していて、その一部に悪意ある第三者によるウェブスパムが行われたというケースだからこういう対応・結果になっているのだと推察します。

ですから私が言いたいのは、「ちょっとだけのスパムなら、仮にGoogleに見つかっても大丈夫!」なんて解釈はしないでください、ということです。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, SEO(検索エンジン最適化), サーチニュース 2013
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Googleマイビジネス、レビュー投稿ガイドラインを更新、レビューの選別や誘導を禁止
Googleモバイル検索が仕様変更、無限スクロール採用
グーグル、モバイルファーストインデックスへの移行を発表
グーグル、ダイレクトアンサーで「検索結果を表示しない」試験を中止
被写体の関連情報を表示する Google Lens が Android で利用可能に
Google、数週間内にも多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行
Google、画像検索結果の一部機能を廃止
Google検索、直接ホテル予約が可能に
Google、12月中旬の順位変動は日常的なアルゴリズム改良の一環と説明 業界では マカビーアップデート と命名も
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。