米Google、検索結果ページの1ドメインあたり表示件数を変更、本日実施

グーグルが検索結果において、同ドメイン上のページ表示数を減らす変更を実施。同じドメインのページ表示件数を減らすことで、検索結果の多様性維持と最適な検索結果の提示という両者のバランス調整を行う意向。


公開日時:2013年05月22日 13:03

米Googleは2013年5月22日、ちょうど1週間前に発表した、検索結果の多様性とベストな検索結果の提示という2つのバランス調整を目的とした変更を本日実施した。公式発表はないが、日本時間の早朝に変更されたことが、渋谷区在住フリーランスの辻正浩氏により報告されている。

私が勤務するアイレップ社内でデータを調査したところ、検索結果(100位まで)に含まれるユニークドメインの数が、キーワードによりバラツキはあるものの増加していることを確認している。ユニークドメイン数が増加したことは、同ドメイン上のページ表示件数が減少したことを意味する。ただし、検索結果1ページ目ではほとんど変化はないため、全体的なトラフィック量からの影響は軽微と推測される。

Googleウェブスパム対策チームのマットカッツ氏は先週、ウェブマスターからの質問に回答する形で、検索結果に含まれる1ドメインあたりの表示数を調節することを発表した。検索結果ページをたどっていく過程で、同じドメイン上のページを何度か表示すると、次第に(検索結果をめくっても)表示されにくくなるという内容。検索結果の1ページ目は多様性を重視し、2ページ目意向は検索クエリとの適合性と多様性のバランスを考慮した。





記事カテゴリ:サーチニュース 2013
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。