「ある分野で権威と認められたサイトは、より検索上位に表示される」米Google Matt Cutts氏 オーソリティに言及

専門性が高く権威あるサイトを特定できた場合は、そのサイトの検索順位は高くなる。オーソリティサイトのお話。


公開日時:2013年06月14日 03:17

米Googleウェブスパム対策チームトップのMatt Cutts氏は2013年6月11日、米国シアトルで開催したSMX Advanced Seattle 2013 のセッションの1つ"You&A With Matt Cutts"の中で、オーソリティ(権威)サイトの話題に言及した。

SEO業界においてオーソリティサイト(authority website)とは、登場して約10年になるほど古くから語られている概念で、「ある事柄のカテゴリについて、誰もが認めるサイト」そのジャンルやカテゴリで皆が認める、その道のプロのサイト」のことを指す。

オーソリティは検索アルゴリズムではなく、概念を指すため、Googleにオーソリティサイトと(検索技術的に)認めてもらうためには、それなりの要件を満たしていなければならない。たとえば現実世界である人物の評価をする際に様々な側面から評価するように、オーソリティ=皆に認めてもらうためには、それにふさわしくなければならない。それは例えば、サイトの存続・運営期間やコンテンツの数量、更新頻度、情報鮮度、専門性、品質、信頼性、評判など、総合的な評価が下される。

話を戻すと、セッションでは「Googleは業種によって異なる検索アルゴリズムを適用することがあるのか?」という質問に対してマットカッツ氏は次のように回答した。同氏はまず、特定トピックに適用するランキング技術はスケーラブルに展開できないため難しいと回答。一方で、Google は特定の分野や領域における権威あるサイトを決定できるようにしていると発言。ある分野でのオーソリティを発見できれば、そのサイトは(その分野で)検索上位に表示されやすくなると回答した。

ただ、Google が区分するカテゴリやジャンルの数は「たくさんある」とだけ述べており、具体的にどのくらいのカテゴリをGoogleが認識しているのかは定かではない。





記事カテゴリ:Google 2010-2019, SEO(検索エンジン最適化), サーチニュース 2013
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Googleマイビジネス、レビュー投稿ガイドラインを更新、レビューの選別や誘導を禁止
Googleモバイル検索が仕様変更、無限スクロール採用
グーグル、モバイルファーストインデックスへの移行を発表
グーグル、ダイレクトアンサーで「検索結果を表示しない」試験を中止
被写体の関連情報を表示する Google Lens が Android で利用可能に
Google、数週間内にも多くのサイトをモバイルファーストインデックスに移行
Google、画像検索結果の一部機能を廃止
Google検索、直接ホテル予約が可能に
Google、12月中旬の順位変動は日常的なアルゴリズム改良の一環と説明 業界では マカビーアップデート と命名も
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。