Facebook と SEO の関係 - Facebookページの人気度は検索順位に影響するのか?

Facebookページの開設や活動とGoogle検索順位は全く関係ありません。


公開日時:2013年06月24日 14:09

Facebook や Twitter は SEO に効果があるのか? --- 最近はあまり質問される機会は減っているのですが相変わらず勘違いしている方が多数いらっしゃるので簡単に。

【新しい関連記事があります】Google、「いいね」や「リツイート」といったソーシャルシグナルは検索順位に反映していないと明言 (2014/01)

最初に結論を書きます。

結論:Facebook からのリンクや「いいね」「シェア」の数、投稿は、Google に一切影響しない

2013年6月現在、米Microsoft の検索エンジン・Bing は検索領域で Facebook と提携しており、Facebook の各種詳細データ(ソーシャルグラフやいいね/シェアのデータ等)にアクセスする権利を持っています。このため Bing の検索結果は Facebook データを反映したカスタマイズされたものになることがあります(※ 米国内のみ提供、MSアカウントとFacebooアカウントの連携が必要)。また、ロシア検索最大手のYandexやYahoo! JAPANもフィードの提供を受けることでリアルタイム検索を提供しています。

一方 Google は Facebook と何の提携してないどころか、ライバル関係です。Facebook は Google (その他検索エンジン)に同社保有の各種データへのアクセス権も提供していませんし、むしろ検索結果に影響しないよう様々な施策を行っています。従って、Facebook での活動は直接的に Google の検索結果に影響することはありません。技術的に、ありえません。

さて、いま本記事を閲覧されている方の 99% は Bing に全く興味がないでしょう。以下、Google 及びその検索技術をベースとする Yahoo! JAPAN を前提としてFacebookとの関係をお話します。


理由その1:robots.txt

自称なんとかコンサル系の方に、「FacebookをやるとSEOに効果がある!」と仰られているケースが多いように見受けられますが、彼らは Facebook の robots.txt をご覧になったことはあるのでしょうか。

Facebookのrobots.txt

Disallow(クロール拒否)が延々と記述されています。皆さんが Google にクロールされていると思っている多くのページ、Facebookプロフィールやページ、アップデートは実はクロールされていません。Google は robots.txt の命令を無視するようなお行儀の悪い検索エンジンではありませんので、robots.txt で弾かれているコンテンツをクロールすることはありません。


理由その2:nofollow によるリンク評価の無効化

Facebookはページを問わず、外部サイトへのリンク(facebook.comドメイン以外のページへのリンク)は基本的に nofollow を付与しています。nofollow とは、検索エンジンに影響を与えない、そのリンクを評価しないよう意見表明をしているということです。企業等が開設する Facebookページ上のリンクも例外ではありません。


理由その3:Googleは「いいね」「シェア」の数量や品質を把握できない

冒頭で触れた通り、Google は Facebookデータへの直接アクセス権を有していません。Aさんのソーシャルグラフデータや、あるURLの共有回数やいいねがついた数もGoogleは把握する術がありません。把握できないものが、どうして Google の検索ランキングに影響するのでしょうか?


Facebookでの人気度が検索順位に反映されるように見えるのは何故?

しかし実際のところ、いいねやシェア回数が多いウェブページは、検索結果でも上位に表示されていることが多いのも事実です。実際、そういう傾向は観察できます。

どうしてこうした事象が起きるのでしょうか。それは、一般論として、Facebook で「いいね」や「シェア」がよくされるコンテンツというのは、それ以外のサイト - ブログやニュースサイトなど - でも数多く取り上げられていることが多いからです。

あるいは、そういった人気サイトで掲載された皆が興味関心を持つコンテンツだからこそ、Facebook でもいいねされたりシェアされる回数が増えるといえるかも知れません。

鶏が先か、卵が先かというのはさておき、『Facebookでいいねの数やシェアの数が増えるのに比例して、外部のサイトでも話題になり、リンクされる機会や数量が増える。それら(外部サイトの)評価が反映されることで、Google でのランキングも上位になる』と考えるのが妥当です。


#
2010年くらいから外部セミナーなどのQAセッションでよく尋ねられていたものの、ウェブで記事にして書いたことなかった気がしますので、まとめておきました。「良いコンテンツ」を推し量る指標の1つとして、Facebook でのいいねやシェアの数量は参考になるとも言えます。ただ、検索順位に影響するかというと、NO です。

ソーシャルコンサルタントみたいな肩書きを持っている人に限ってSEOとソーシャルの関係に言及して、そしてデタラメな知識を披露するのは何故なんでしょう。





記事カテゴリ:サーチニュース 2013



他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、モバイル検索結果に AMPへのリンクを表示開始
金融商品の比較検討ができる Google Compare が2016年3月終了
ウィキメディア財団、検索開発のために250万ドルの資金援助受ける、「Google対抗」報道を否定
Facebook、4月12日から Instant Articles をすべてのパブリッシャーが利用可能に
Google、ウェブ検索結果右側の広告枠を廃止へ
Google、AMPページを検索結果にカルーセル形式で表示
Google検索、AMP対応を2月24日に開始、検索結果に表示へ
2016スーパーボウル、検索の82%はモバイルから Google発表
Google 検索結果のナレッジグラフカードが編集可能に
米Google、モバイルの旅行検索を刷新
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。