Yahoo!検索、検索結果にNAVERまとめの表示を開始

ヤフーとNAVERの検索領域での提携、Yahoo!検索結果内にNAVERまとめ記事が表示。キーワードに合致する3本程度のリンクを表示。


公開日時:2013年07月12日 12:39

ヤフーが2013年7月10日頃より、検索結果にNAVERまとめの表示を開始した。7月12日現在、「花火」などのキーワード検索時に、自然検索結果に NAVERまとめ記事の検索結果枠が表示されることを確認した。

2013年3月に発表された、両社の検索領域での提携の成果。キーワードと適合する3本程度のまとめ記事が表示される。画像や動画、地図などと同等の扱いのため、検索結果には自然検索結果(10本のリンク)に追加される形でNAVERまとめ記事も掲載される。

表示枠の位置は固定ではなく、キーワードとの関連性に基づいて決定している模様。また、現時点では「引越し」と検索した時は表示されるが「引越」では表示されないなど、日本語処理周りが開発途中のようだ。

なお、3月の同発表以後、Yahoo!検索からのトラフィック誘導を見越した、小遣い稼ぎの低品質なNAVERまとめ、スパムリンクまとめ、やらせまとめなどのウェブスパムが増加傾向にある。本格的に Yahoo!検索とNAVERの提携が始まったことで今後もこの種のスパムが増加することは必至であり、両社がスパム排除にどのような対応をするか注目だ。


#
ユーザ参加型(=ユーザが自由に投稿・編集できる)サービスは、検索トラフィックのメリットが絡んでくるとスパムが増えてしまうのは致し方ないことなので、どんな形で排除を試みるのか個人的にとても興味があります。放置すると、かえって検索結果の品質が低下するリスクもあるわけで。





記事カテゴリ:Yahoo!検索 / YST, サーチニュース 2013
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
Google「パーソナライズ検索による劇的な検索順位変動は都市伝説」と説明
Google、カナダでローカルサービス広告を提供開始
グーグルとディズニーがデジタル広告分野で提携
Googleインド、モバイル検索でカバディの試合情報を表示する機能追加
goo, 2018年検索ランキングを発表、人物の1位は「羽生結弦」など
ロシアYandex、検索アップデート「アンドロメダ」を発表
Microsoft Bing、年末商戦にあわせてショッピング検索機能を強化
米Google、検索結果にユーザーがコメントを投稿できる機能を準備
プライバシーを守る検索エンジン DuckDuckGo、検索回数3,000万/1日 突破
ペンス米副大統領、中国市場向け検索アプリ開発の中止を求める
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。