米Google、ペンギンアップデート 2.1 を週末実施

グーグルがペンギンアップデート2.1を10月4日実施。検索の1%程度に影響。


公開日時:2013年10月05日 06:25

米Googleウェブスパム対策チームトップのMacatt Cutts(マット・カッツ)氏は2013年10月4日、ウェブスパム排除を目的とした検索アルゴリズム更新「ペンギンアップデート 2.1」を同日実施したことを Twitter で明らかにした。検索の1%に影響するという。前回(同2.0)は5月22日前後だった。

前回(ペンギンアップデート2.0)は5月下旬に実施。いくつもリンクが羅列されただけのページに張られたリンクの無効化などが行われていた。

ペンギンアップデートは比較的古典的なもの、例えば不特定多数のサイト同士の相互リンクや隠しテキスト、ワードサラダ(意味不明な日本語文章で構成されたサイト)からのリンクといった、明白なブラックハット手法を排除対象としている。このアップデートの影響を受けるようなサイトであれば、そもそものSEOの手法に大きな誤りがあると思われるので、万が一影響を受けているようであればSEOの考え方を改めることから始めてみよう。

応急措置としては、多くのケースでリンクが問題になっていると思われますので、nofollow を設置する、そのリンクを設置したSEO会社に依頼して外してもらう、あるいはリンクを無効にする通知を行うなどの対応が良いでしょう。





記事カテゴリ:Google 2010-2016, SEO(検索エンジン最適化), サーチニュース 2013
他の検索・SEO 関連の記事
新刊:ネットショップSEO 2014発売されました(2014年5月)
グーグル、健康・医療に関連するページ評価方法を変更
Google、旧AJAXレンダリングスキームの終了を発表 2018年第2四半期
音声検索は SEO の未来をどう変えるのか?
Google、AMPページと元のページ内容が一致することを求めるポリシー適用、2018年2月から
今日の SEO で大切なこと ~Web担当者Forum ミーティング2017 秋~
【SMX East 2017】 検索とソーシャルを活用するマーケティング戦略
【SMX East 2017】 モバイルファーストインデックス、少数サイトを対象に導入テスト開始 など
Google、家族で楽しめる Google Assistant 向けゲームを公開
【SMX East 2017】 最も検索順位に影響を与える要素は何?
英Brandwatch、BuzzSumo を買収
「SEMリサーチ」トップへ戻る




免責事項:SEMリサーチは、本記事中で触れている企業、商品、サービスの全て(情報)について、有用性、適合性、正確性、安全性、最新性、真実性に関する一切の保証をしておりません。各自の判断でご利用下さい。